2010年から実施されていたガールズサマーキャンプがリニューアル。 トラックサイクリングキャンプが、9月17日(土)・18日(日)の日程で、立川競輪場で行われました。 これは「自転車競技の楽しさ」をテーマに、トラック競技用の自転車でトラック走路の走行を体験するイベントで、対象は小学5年生から高校3年生までの女性です。 取材した「トラックサイクリングキャンプ2022 in 立川競輪場」には、9月17日に7名・18日に9名が参加しました。 今回は9月18日の1日を密着。 どのようなことが行われたのかを紹介します。

トラックサイクリングキャンプ2022 in 立川競輪場が開催!

2022.09.20

◆ 12:45 講義

 

 

午後は沼部早紀子さんによる「自転車競技アスリートのコンディショニング」についての講義からスタート。

この講義は参加者の親御さんも一緒に参加できます。

 

テーマはこの4つです。

① アスリートのコンディショニング

② トレーニングと身体のケア

③ 女性アスリートのコンディショニング

④ 自転車選手特有の問題について

 

 

◆ 13:30 競輪選手によるミニトークショー

 

 

東京支部所属の飯島淳選手(78期)・高橋朋恵選手(108期)によるトークショーが行われました。

 

飯島選手:「小さい頃から運動は苦手だったけど、自転車だけは頑張った分だけ自分に返ってきたんです。」

 

高橋選手:「私もガールズサマーキャンプに参加して、ガールズケイリン選手になりました。その時に出会った何人かも選手になりました。それから10年。今ではかけがえのない仲間となりました。皆さんも今日の出会いを大切にしてください。」

 

 

両選手がワットバイクの実演を披露。

6秒間、全力でモガくプロ選手の迫力に、参加者は釘付けになりました。

 

 

最後は全員で記念撮影。

 

 

◆ 14:00 再び練習開始

 

 

「未経験者」とは思えないスピードで成長していきます。

自転車を自由自在にコントロールできるようになりました。

 

 

「経験者組」は、高橋選手から様々なアドバイスをもらっていました。

 

 

最後は参加者全員でバンクを走行しました。

 

 

全員で記念撮影をして、16:00に終了。

 

 

「未経験者」の1人が親御さんに『めっっっちゃ楽しかった!!』と笑顔で話している姿がとても印象的でした。

 

近い将来、今回の「トラックサイクリングキャンプ2022 in 立川競輪場」からガールズケイリン選手になる参加者もいるかもしれません。

今後のスケジュールなどは、トラックサイクリングキャンプのホームページをチェックしてみてください。

 

    この記事が気に入ったら
    いいね! してね。

    その他のイベント情報

      おすすめの記事