飲んべえモデル村田倫子とギャンブル酒場 vol.2「東京オーヴァル京王閣」

さあて、かんぱ〜い!

昼からビールの幸せが溢れすぎてしまい、顔がふにゃふにゃです。

ウヘヘ

予想よりも大きなお皿に入って運ばれてきた自慢の「牛すじ煮込み 400円」

こんもり山盛りのネギと、コロンと身を寄せる玉こんにゃくが可愛い。

箸でサクッと身をタッチしただけで、ほろほろと崩れる身。

長時間、厨房で愛されていた証。

口の中に放り込むと、お肉の肉汁と染み込まれたタレの旨味が押し寄せる。

お酒に合うようにと濃いめに施された味は、すき焼きのようなコクと甘み。

これはビールが進みます。

さすが、全面的に牛すじを推しているのも納得。

異論なし! あっぱれ参りました。

ほろ酔いながら、常連さんと仲良くピースで締めて……(笑)。

お次はお隣の「くるみの木」

黄色の張り紙に、豊富な定食のラインナップ。

ヒレカツ、しょうが焼き、焼シャケ……。慣れ親しんだ品書きにほっと安らぐ。

この一択で食事が済むというのに、良心的すぎるお値段。

お酒のお供に少しつまみたいなあ、の欲求を満たすメニューも抜かりなし。

メンマや冷奴といった先付けから、鴨スモーク、ミックスモツ煮込み、川エビの唐揚げなど、お酒のアテには間違えないラインナップと振り幅です。

オススメは、注文してから揚げるというこだわり溢れた「アジフライ 200円」。

こちらと「ホッピー 400円」でグイッといきましょう!

くぅ〜。

目の前に運ばれたアジは、「サックサクな私をみて!」と言わんばかりに

香ばしい衣の香りと共に、グンとこちらに迫ってくる。

さくっ

う、うまい。

これでなんと200円です。

千切りキャベツも添えられて200円です。

しかも揚げたてです。

……私の家の近所に移転してくれませんか!? 店先のテーブルに座れば、大モニターで競輪の中継を楽しむことができます。チケットを買わなくても、気になる選手に目星をつけて、レースの着順に一気一憂するエア競輪(?)もなかなか高まりますよ……。

今回はポケットマネーの都合上いただけませんでしたが、くるみの木のオムレツが素晴らしいと噂なのでご紹介。

こちらで提供している定食メニューは、お値段200円引きで単品注文することができるのです。オムレツ、しょうが焼きを食べたいけど、ご飯はいらないかも……って気分の時に嬉しいサービス。なので、このオムレツも400円で堪能できます。

気品の溢れる見た目。中はふわふわ、濃厚な卵の甘みが口いっぱいに広がります。

なんだか、呑み屋のオムレツというより、さわやかでエレガントな朝の味がする。

お店のお母さんに話をうかがうと、厨房で鍋を振るうお父さんは

以前、都内の有名ホテルの料理人をされていたのだとか!!!

あぁ、そうか。

1皿でも上品にキャベツを添える美学、美味しいものを万全の状態で楽しめる、揚げたてへのこだわり。

ホテルの朝を彷彿とさせる気品溢れるオムレツ。

腑に落ちました。

料理人の熱量が、私たちの舌をこんなにも正直に喜ばせる。

料理は奥が深いなあ……。

この記事が気に入ったら
いいね! しよう。

Prev
飲んべえモデル村田倫子とギャンブル酒場 vol.1「川崎競輪場」
飲んべえモデル村田倫子とギャンブル酒場 vol.1「川崎競輪場」
Next
飲んべえモデル村田倫子とギャンブル酒場 vol.3「小田原競輪場」
飲んべえモデル村田倫子とギャンブル酒場 vol.3「小田原競輪場」

楽しむ

見る