全国の競輪場内グルメを紹介する、モデル・村田倫子さんの連載「飲んべえモデル村田倫子とギャンブル酒場」。vol.15は「西武競輪場」編。山順さんでカレーライスとノンアルコールビール、澤廉では人気の串もつを。〆にはレストラン「むさしの」で串カツを楽しんできました。

飲んべえモデル村田倫子とギャンブル酒場 vol.15「西武園競輪場」

2020.08.26

#タレント #グルメ #競輪場

お久しぶりです。

長かった梅雨が嘘のように、太陽がご機嫌な8月。みなさんいかがお過ごしですか?

 

揺らめき、戸惑いに溢れた春。今は少しずつ日常のカケラを取り戻しつつありますね。

この連載も万全の体制、環境を配慮しながら、またゆるりとリスタートします。

改めてどうぞ、よろしくお願いします。

 

 

さて、今回は開放感を求めて「西武園競輪場」へ。

 

 

快晴の空のもと、検温、消毒、来場者の管理など、ゲートからコロナ対策は万全。

全てをクリアすると配布される入場パスを片手に、安心して入場。

 

 

開放感のある広々としたレース場。

気持ちの良いロケーションに、なんだかほっと肩の力が抜け、お腹が低く声を上げる。

 

 

この連載の私の目的は、胃袋をほっと満たす競輪フードたち。

さて腹ペコ胃袋を満たしましょう。

 

 

まず向かったのは、

 

 

牛丼、焼きそば、串もつ、ハムカツ…。魅惑的な文字のポップが並ぶ売店「山順」。

 

 

あ……!「カレーライス」がありますね。

 

連載をもつほどカレーに目がない私。

夏により一層輝きを増すカレー様。目があった瞬間、もう君に決めましたよ。

 

 

 

ここ山順のカレーは社長自ら、自宅で夜な夜な仕込んでいるこだわりのオリジナルカレー。

 

足が早いカレーを夏場でも楽しめるように、根菜類はあえて使用せず、シンプルに玉ねぎとお肉、社長の愛情をじっくり煮込んだ人気メニューです。

 

「カレーライス 600円、アサヒドライゼロ 300円」

 

優しい玉ねぎの甘味、マイルドに味覚を抱擁するルウ。

最後にキリりと広がる辛さは、夏の暑さをカラりと吹き飛ばす。

 

 

手塩にかけた社長の愛が1番のスパイス。

初めて口にするのに、じわんと胸に染みる。

 

実家に帰りたくなる、エモいカレー。

あぁ、ビールが多方面に染みるよ……
(ノンアルコールなのに気持ち良い)

 

 

食べ応え満点なカレーにご機嫌。

 

この記事が気に入ったら
いいね! してね。

その他のご当地グルメリポート

おすすめの記事