競輪の楽しさが⾒つかるけいりんマルシェ。楽しい情報、新しい発⾒は、毎⽇をわくわくさせる。競輪であなたをちょっぴりHAPPYにしたい・・・そんな『けいりんマルシェ』です。

【現地リポート】トラック世界選手権1日目・2日目

2020.02.28

東京オリンピックに向けての最終決戦「UCIトラック世界選手権」が、ドイツ・ベルリンで始まった。
けいりんマルシェは、東京オリンピック代表が決まる最後のレースを見届けるために現地取材を決行。
悔しさと涙が入り混じった大会1日目と2日目を中間リポート。

 

まさかの予選敗退

★ 1日目(現地2月26日)
初日の注目レースは、男子チームスプリント

 

昨年12月に行われたUCIトラックワールドカップでは、第4戦第5戦の2大会連続で金メダルを獲得。
しかも今回の世界選手権のメンバー、雨谷一樹選手・新田祐大選手・深谷知広選手の3人で金メダル+日本新記録を樹立している。
この時に出した日本記録「42秒790」は、かなりのハイレベルな記録だ。
この「トラック世界選手権」では上位進出はもちろん、メダル獲得を期待されていた。

 

予選7番目に登場した日本は「43秒416」で9位。
※予選から1回戦へ進めるのは上位8チーム(8位まで)

 

 

 

まさかの予選敗退…

 

この結果により、オリンピックポイント(オリンピックに出場するためのポイント)で、ロシアとポーランドに逆転され、男子チームスプリントでのオリンピック出場が絶望的となった。

 

 

レース後、雨谷選手と深谷選手からコメントをもらうことができた。

 

第1走者:雨谷一樹選手

 

 

誰が悪いということではなく、チームとしてこれが結果だと受け止めています。
正直いつも2回目(予選通過後の1回戦)の方がタイムが出るので、2回走りたかったです。
チームでも予選から42秒台を出そうと話していました。
出せてれば勝ち上がれたのに…。

 

 

第3走者:深谷知広選手

 

 

勝ち上れる実力はあったので残念です。
チーム全員の走りが合わないと、なかなか力が発揮できない種目です。
その中で、自分がやれることはできたと思うので、そこは満足しています。
自分自身は調子がいいので、スプリントは期待が持てると思います。
しっかりとスプリントに向けて、やれることをやっていきたいです。

 

 

 

なんで金メダルが獲れなかったんだろう

★ 第2日目(現地2月27日)
この日は、「トラック世界選手権」最大の注目レース、男子ケイリンが行われた。
言わずと知れた日本発祥の種目だ。

 

この種目は、2018年 河端朋之選手が銀メダル、2019年 新田祐大選手が銀メダルと2年連続で銀メダルを獲得している。
この2選手と、2年連続のアジアチャンピオン脇本雄太選手の3人で、悲願の金メダル獲得に挑んだ。

 

しかし、河端選手が2回戦で敗退。
続いて、新田選手が3回戦(セミファイナル)で5着となり、7-12位決定戦へ。

 

脇本雄太選手だけが決勝進出となった。

 

 

脇本選手は、1回戦でぶっちぎりの圧勝!
その様子は大会公式のTwitterにも写真が掲載されたくらいだ。

 

 

 

2回戦、3回戦(セミファイナル)も、ゴール前では余力を残しているように見えたが…
決勝では、オランダのラブライセン選手に1歩及ばず2着。

 

しかし、日本勢として3年連続の銀メダルを獲得した。

 

 

 

おめでとうございます!脇本選手!!!
と言いたいところだったが、レース終了後から笑顔はまったく見られず…
表彰式でもイマイチ“浮かない顔”が多く見られた。

 

 

次のページ:
笑顔がない理由

この記事が気に入ったら
いいね! してね。

その他のオリンピック競技でもある自転車競技の魅力

おすすめの記事