競輪の楽しさが⾒つかるけいりんマルシェ。楽しい情報、新しい発⾒は、毎⽇をわくわくさせる。競輪であなたをちょっぴりHAPPYにしたい・・・そんな『けいりんマルシェ』です。

【現地リポート】トラック世界選手権4日目・5日目

2020.03.03

2月26日から3月1日、東京オリンピックに向けての最終決戦「UCIトラック世界選手権」が、ドイツ・ベルリンで行われた。
今回は、悔しさと涙が入り混じった1日目と2日目に続く後半戦をリポート。

 

「前向きな笑顔」「快挙の中での落胆」「涙と怒り」こんな2日間だった。

 

 

オリンピック出場を“ほぼ確実”に

★ 4日目 (現地2月29日)

1日で4種目を行い、各種目で獲得した最終合計ポイントの1番高い選手が優勝となる競技オムニアム

 

前日(現地2月28日)、女子オムニアムで金メダルを獲得したのが梶原悠未選手

 

 

これは1987年に金メダルを獲得した男子ケイリンの本田晴美さん、男子スプリントの俵信之さん以来33年ぶりの快挙だった。

 

梶原選手に続けと男子オムニアム橋本英也選手が出場した。

 

1種目目のスクラッチ(10km)で10位
2種目目のテンポレース(10km)で9位、2種目終えて暫定11位
3種目目のエリミネーションで6位、3種目終えて暫定8位と3つ順位を上げた。
最終種目(4種目目)のポイントレース(25km)、このレースではポイントを獲得できず、0ポイントとなった。

 

橋本選手は最終合計ポイントが76となり、11位という結果だった。
男子オムニアムの結果はコチラ

 

 

4種目を7時間で行う激闘後の橋本選手に今大会を振り返ってもらった。

 

 

かじ(梶原選手)の金メダルがすごく嬉しくて、僕も獲っちゃおうかな~と思って走ったのですが、全然やられちゃいましたね(笑)

今回の世界選手権では“体力差”を身をもって感じました。
ワールドカップの時よりもスピードが速くて、後ろで休むことができなかったです。
有酸素能力が足りなかったです。

体力(有酸素能力)を上げれば、オリンピックでも十分戦えると思います。
自国開催のオリンピックなので、パワーも貰えるし有利なことも多いです。

 

かなり前向きなコメントの橋本選手。

4月にオリンピック代表選手が発表される予定だが、“ほぼ確実”と言ってもいいだろう。

東京オリンピック男子オムニアムは、8月6日(木) 伊豆ベロドロームで行われる。
期待したい。

 

 

オリンピック代表は新田か深谷か

この日は男子スプリントも行われ、新田祐大選手深谷知広選手が出場。

 

予選の200mタイムトライアルで、新田選手が「9秒562」の日本新記録を樹立。

新田選手が8位、深谷選手が13位で1/16決勝へ進んだ。

 

 

新田選手、深谷選手ともに順当に勝ち進み、1/8決勝へ。
1/16決勝の結果はコチラ

 

 

深谷知広 vs. デニス・ドミトリエフ

1/8決勝の深谷選手の相手はイケメンコレクションでも紹介した、ロシアのドミトリエフ選手。
通称“ドミちゃん”

 

 

 

それにしても“ドミちゃん”の太ももヤバイ…😂

 

でも、深谷選手は“ドミちゃん”をものともせず、キッチリ勝ち上がり準々決勝へ。

 

 

 

新田選手も勝ち上がり2人そろっての準々決勝進出。

 

 

1/8決勝の結果はコチラ

 

「トラック世界選手権」で、男子スプリントが準々決勝(ベスト8)まで進出したのは、深谷選手の師匠 金子貴志選手が2003年に進出して以来17年ぶりの快挙だった。

 

 

いよいよ、準々決勝

 

新田祐大 vs. ケイリンで脇本に勝ったラブライセン

 

 

2019年そして今大会と、2年連続この種目の世界チャンピオンの壁はやはり厚かった…
新田選手、敗退。

 

 

深谷知広 vs. アワン

1本目を負けて、後が無くなった2本目。

 

どっちが勝ったのかまったく分からなかったが、写真判定の結果は、ほんの数センチ、アワン選手が勝っていた。

 

 

深谷選手も敗退。

 

 

新田選手は5位、深谷選手は8位という結果だった。

準々決勝の結果はコチラ

 

この記事が気に入ったら
いいね! してね。

その他のオリンピック競技でもある自転車競技の魅力

おすすめの記事