5月21日〜24日に行われた、GⅢレース『ワンダーランドカップ』。コロナ禍で地元記念を迎えた栃木所属の6選手から、今の想いや私生活や練習面での変化、読者へのメッセージをお聞きしました。

宇都宮競輪場 所属選手からコメントを頂きました!

2020.06.08

76期・江連和洋選手 / 107期・隅田洋介選手

 

 

―――コロナ禍の中で地元記念を迎える心境

江連選手:
施行者、JKA、選手会が協力して、地元の記念が開催されることを嬉しく思っています。

隅田選手:
スポーツ界全体が大変な時期ですが、競輪は少なからず開催できているので、全国の皆さんを勇気付けられるレースをして、僕たちは恩返しするしか無いと思っています。
頑張りたいです。

 

―――生活や練習での変化

江連選手:
僕は家にいる時間が増えて、自転車のセッティングや練習面について見直すことができました。
色んなことを考えられるキッカケになりましたね。

隅田選手 :
当たり前ですが、「3密」を避けるようになったり、手洗い・うがいを心がけるようになりました。

 

―――読者へのメッセージ

江連選手:
まだ無観客での開催ですが、お客さんがいるつもりで、お客さんに気持ちが届くよう頑張って走りたいと思います。

隅田選手 :
スピード感ある競走をして、お客さんに楽しんでもらえるように頑張ります!

 

 

 

96期・雨谷一樹選手

 

 

―――コロナ禍の中で地元記念を迎える心境

「記念(GⅢレース)」ということもあり、見てくれている方も多いでしょうし、競輪に注目してもらえるチャンスでもあると思います。
ファンの皆さんを元気付けられるような走りがしたいです。

 

―――生活や練習での変化

家での練習が多くなって、その分、家族と一緒に居られる時間が増えて、私生活は充実しました。
これはこれでポジティブに毎日を過ごしています。

 

―――読者へのメッセージ

精一杯頑張りますので、応援よろしくお願いします。

 

 

 

115期・坂井洋選手

 

 

―――コロナ禍の中で地元記念を迎える心境

4月に平塚記念(GⅢ『湘南ダービー』)にあっせんされていたのですが、新型コロナウィルスの影響で中止になり、この地元記念が、僕にとって“初めての記念(開催出走)”になりました。
味わったことの無い雰囲気にはやく慣れて、しっかり出し切るレースをしたいと思います。

 

―――生活や練習での変化

私生活では、しっかり感染予防をするようになりました。
バンクでは奇数期と偶数期に分かれて練習をしています。
しっかり練習はできています。

 

―――読者へのメッセージ

この状況下で開催されることに感謝しながら、レースではいつもと変わらず一本一本出し切り、車券に貢献できるように頑張りたいです。
これからも応援よろしくお願いします!

 

 

 

神山選手、長島選手、江連選手、隅田選手、雨谷選手、坂井選手、ありがとうございました。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね! してね。

その他のスペシャル

おすすめの記事