レース情報

吉幸のオアシがよろしい様で! 1月10日静岡競輪 振り返り

吉幸のオアシがよろしい様で! 1月10日静岡競輪  振り返り

 

吉幸のオアシがよろしい様で!  1月10日静岡競輪 振り返り

埼京ライン5車で挑んだ静岡A級決勝戦、予想通り高橋築が逃げて川上‐深井がワンツー決めたか!?はたして結果は?

静岡競輪FⅠ最終日。
11レースA級決勝。
赤板、前段の南関ラインを高橋築が一気に叩いて出ると番手の川上は口が空き南関ライン佐々木‐花田がハマる!川上が追い上げ高橋築の後ろを佐々木と取り合う形で打鐘!
打鐘過ぎ3コーナーで川上が競り負け後退!
4コーナーから木村が仕掛けると最終2コーナーで高橋築を捲り切る!木村番手の長岡は踏み遅れて佐々木‐花田が木村後位に切り替える!木村の番手から直線抜け出し佐々木‐花田のワンツー、3着は南関後位の深井の後ろから高橋昇平が伸びる!まさか高橋築の仕掛けに自力の川上が離れるとは想定外!う~ん、ラインの力を重視したが‥‥この展開は読み切れなかった、またもや今年初当たりはおあずけ!次回こそは!!

 

 

吉幸のオアシがよろしい様で!

競輪場で初心者教室の講師をする事があります、ビギナーの方に競輪を説明するのはなかなか難しい、どうして号砲が鳴ってもいっせいに飛び出さないのか?なぜ周回中は一本棒で走るのか?あと並び、いわゆるラインです、競輪は個人競技ですがラインを組みます、選手の思惑、脚質、そして地域で即席のチームを作ります、このラインが理解出来れば競輪の楽しさは倍増します!今日はラインの面白い競走をピックアップ♪

静岡競輪FⅠ最終日。
11レースA級決勝。
並び、高橋築‐川上‐深井‐高橋昇平‐新井の埼京、木村‐長岡の青森+群馬、佐々木‐花田の南関、変則的な3分戦。
埼玉コンビがラインを固め埼京は5車!
先頭の高橋築は責任重大、絶対に逃げなければ!しかし早駆けの木村はライン2車でも主導権を狙ってくるので油断は出来ない、高橋築と木村で叩き合えば力ある佐々木がひと捲りのシーンも十分だが‥‥やっぱり競輪はラインの力が重要!素直に埼京ラインから狙います!

2車単3‐7
3連単3‐7‐4、3‐7‐9

高橋築の逃げに乗る川上‐深井が抜け出しワンツー決める!2車単一点勝負!
3着には両高橋!川上がシビアに番手捲りを打てば3着の一番手は高橋昇平、近況好調な高橋昇平は直線で他のラインに踏み負けもなさそう!高橋築のペースになれば逃げ粘り!

埼京の先輩が4人付く高橋築選手は大敗覚悟で先行するはずです!
選手は自分の着よりもラインの為に戦う事があるんです‥‥難しいですか?この感覚が理解出来ると競輪は最高の知的スポーツになります!是非チャレンジして下さい!競輪場で待っています♪

会員ログインして
ポイントをゲットしよう
twitter facebook

レース情報 一覧