2021年6月17日〜20日、岸和田競輪場でGⅠ「第72回高松宮記念杯競輪」が開催!初日特選レースに出場する10選手の意気込みを紹介します。この開催は、東日本地区・西日本地区に分かれて対戦することです。

GⅠ「高松宮記念杯競輪」前検リポート

2021.06.16

いよいよ明日から、今年3回目のGⅠがスタート!!

 

6月17日(木)〜20日(日)

第72回高松宮記念杯競輪

 

リニューアルオープンしたばかりの岸和田競輪場での開催です。

 

この開催の特徴は3日目の準決勝まで、出場選手が東日本地区・西日本地区に分かれて対戦すること。

 

 

初日の特別選抜予選は、第11レースが西日本地区第12レースが東日本地区による戦い。

 

この2レースに出場する10選手の意気込みを紹介します。

 

 

6月17日(木) 第11レース
15:55発走予定

 

5月のGⅠ「日本選手権競輪」(京王閣)優勝

昨年の「高松宮記念杯競輪」では決勝3着

松浦悠士選手

S級S班 / 98期 / 広島県

✅ けいマルガールズ 八伏紗世の注目選手

 

 

前走の別府記念(6月5日〜8日)後、あまり感触は良くありませんでしたが、いつも通り練習・調整はやってきました。

前走の結果(決勝9着)は、「疲れが出たということにしておいてください笑」

自分では「しんどいな」とは思っていませんでしたが、まわりからは結構言われました。

 

初日は自力で走ります。
※番手は清水裕友選手

今回(この開催)は、その“並び”でいくと思います。

目の前の一戦一戦を、頑張るだけです。

 

 

清水裕友選手

S級S班 / 105期 / 山口県

✅ けいマルガールズ 田村響華の注目選手

 

 

しっかり疲れを取りつつ、ここに向けて仕上げたつもりです。

時期的に走る感覚が軽くなるので、それに合わせて自転車のフーレムを少し変えました。

岸和田の印象は「可もなく不可もなく」という感じです。

 

初日は松浦(悠士)さんの後ろです。

開催中に前後が変わることはあまりないですが「雰囲気次第かな」と思います。

 

 

東口善朋選手

S級1班 / 85期 / 和歌山県

✅ デイリースポーツ 森田新吾記者の注目選手

 

 

全プロ(5月29日〜30日)が終わってから時間があったので、しっかり練習してきました。

身体を疲労させて、スタミナを付けることを意識してやってきました。

 

ここに向けて気持ちも盛り上がってきて、身体も良い状態で入ることができました。

初日は近畿の4番手を固めて走りたいと思います。

 

 

古性優作選手

S級1班 / 100期 / 大阪府

✅ 日刊スポーツ 山本幸史記者の注目選手

✅ けいマルガールズ 開坂映美も注目

 

 

しっかり練習してきましたし、体調も良いです。

ダービー後はこの開催に向けて切り替えてきました。

初日・2日目は有観客での開催ということで、お客さんの前で走れることは嬉しいことです。

良い走りを見せたいです。

 

最終的に“いちばん良い景色”を見たいと思います。

初日は近畿の先頭を任せてもらえたので、頑張りたいと思います。

 

 

 

6月17日(木) 第11レース
16:35発走予定

 

昨年は「高松宮記念杯競輪」準優勝

和田健太郎選手

S級S班 / 87期 / 千葉県

 

 

前走の前橋記念(5月20日〜23日)で落車して、治療していたので10日間くらいは練習できました。

初日は岩本(俊介)の番手です。

まだ完全とまではいかないですが、走ってみないと分からないです。

 

この記事が気に入ったら
いいね! してね。

その他のENJOY!競輪レース

おすすめの記事