10月2日(土) 千葉250競走が遂にスタート!!PIST6 Championship(ピストシックス チャンピオンシップ)が開幕した。このレースは国際基準の木製トラック(周長250m)で行われる。開幕からの2日間は「JAPAN HEROESラウンド1」と題して、34選手がトーナメント方式で争った。この「JAPAN HEROESラウンド1」決勝で1位となったのが、雨谷一樹(あまがい・かずき)選手でした!!

千葉250競走がスタート!決勝1着は雨谷一樹選手!

2021.10.04

10月2日(土) 千葉250競走が遂にスタート!!

 

PIST6 Championship(ピストシックス チャンピオンシップ)が開幕した。

このレースは国際基準の木製トラック(周長250m)で行われる。

 

開幕からの2日間は「JAPAN HEROESラウンド1」と題して、34選手がトーナメント方式で争った。

 

この「JAPAN HEROESラウンド1」決勝で1位となったのが、雨谷一樹(あまがい・かずき)選手!!

 

 

1日(金)の前検日に行われた、タイムトライアルで1位。

1・2次予選・準決勝・決勝の全てで無敗の完勝!

優勝賞金123万2,000円を獲得した。

 

 

レース後のインタビューで雨谷選手は開幕戦での決勝1着を喜んだ。

 

 

終始すごく緊張しましたが、嬉しいです!

初の大会で決勝1着を獲れて光栄に思います。

 

演出など会場の雰囲気に飲まれてしまいそうでしたが、それに負けない走りをしようと頑張りました。

 

この大会は横の動きがなくスピード勝負です。

その中で自分のスピードを生かして走ることができました。

ナショナルチームでの経験があるので、他の選手よりは有利だったと思います。

 

今後も呼ばれれば、走りたいと思います。

 

 

 

決勝レース結果

1位:1番車 雨谷一樹選手

2位:2番車 脇本勇希選手

3位:6番車 小佐野文秀選手

4位:4番車 伊勢崎彰大選手

5位:3番車 原田亮太選手

6位:5番車 久保光司選手

 

 

雨谷選手の優勝を祝福する小池千啓選手(左)と神山拓弥選手(右)

 

 

このPIST6 Championship、次回は10月9日(土)・10日(日)に行われる「JAPAN HEROS ラウンド2」。

 

11月以降のシリーズから、有観客での開催を予定している。

 

この記事が気に入ったら
いいね! してね。

その他のENJOY!競輪レース

おすすめの記事