日本選手権競輪の検車場へ潜入!

2019.05.16

#レース #リポート #選手

それぞれの思いがあふれるレース後の検車場

レースが終わって、続々と選手が検車場に戻ってきます。

 

笑顔を見せる選手、悔しげな表情を見せる選手など、選手の表情はさまざまです。

 


菅田壱道選手、深谷知弘選手、田中晴基選手

 

清水裕友選手、松浦悠士選手

 

 

 

表彰式を終えた、脇本選手が戻ってきました。
このレースでラインを組んだ古性優作選手が笑顔で迎え、ねぎらいの言葉をかけました。

 

 

わたしも一言「おめでとうございます!」と声をかけようとしましたが…

 

 

あっという間に優勝会見の会場へ…

 

 

優勝会見もみさせてもらいましたが、「このまま東京オリンピックまで突き進むことを決めているので、止まることはないと思います」という言葉が印象的でした。

 

脇本選手、突き進んじゃってください!!
そして、さらに競輪と自転車競技を盛り上げてください!!

 

 

こうして、編集部かおりの“検車場での冒険”は終わりました。

 

次の特別競輪は、6月13日から岸和田競輪場で行われる、『第70回高松宮記念杯競輪(GⅠ)』。

また、検車場でリポートできたらいいな。

Prsenr Get! Point Get!

コンテンツを楽しむだけでポイントが貯まる けいマルクラブ

コラムを読んだり、クイズに答えるだけで「けいマルポイント」が貯まります。
貯まったポイント数に応じて賞品に応募可能!

まずは会員登録で
1000ptをゲット!

けいマルクラブの楽しみ方

この記事が気に入ったら
いいね! しよう。

Prev
ガールズケイリンコレクション2019松戸ステージリポート
ガールズケイリンコレクション2019松戸ステージリポート
Next
全プロ記念競輪へ行ってきました
全プロ記念競輪へ行ってきました