飲んべえモデル村田倫子とギャンブル酒場 vol.3「小田原競輪場」

心地よい眠りから覚め、車窓を覗くと雄大な山々と凛と澄んだ青空。

都内から電車に揺られること1時間弱。本日やってきたのは、小田原。

初めて降り立った感想は……、意外と近い!

箱根に向かう際に目に留めていた小田原。

ほんの少し足を伸ばすだけですっかり旅行モードです。

そして私の本命はもちろん……

いやあ、毎回思いますが出で立ちがテーマパークみたいですね。

本日、小田原競輪場ではレースがない場外発売日※なので、無料で入場できました。

※場外発売とは:他の競輪場で行われているレースの車券を発売すること

颯爽と門をくぐらせていただきます!

さっそくユニークなお出迎え。

(顔ハメパネルは旅行感ありますね)

盛り上がるオーディエンスを横目に

まず向かった先は「味の店 山ちゃん」

「レモンサワー 400円」で乾杯。

まだまだ暑い夏の昼下がりにクイっと染み渡る爽快感。

クゥー、たまりませんね。

お通しに、小田原名物のかまぼこがついてきました。

レモンサワーのお供には人気の「まぐろブツ 400円」と「しらすおろし 300円」。

ふかふかのとろろの絨毯に、瑞々しく輝く赤身。

見た目から鮮度が溢れています。

小田原港から仕入れたマグロは、プリッと元気よく弾ける。

そこにふわっとつるんな山芋のタッチが相まって

お口は幸せでいっぱいになります。

しらすといえば湘南!ということで、湘南から仕入れたしらす達も負けちゃいません。

小さな身体も力を合わせると百万馬力。

口いっぱいに海の香りを届けてくれます。

この記事が気に入ったら
いいね! しよう。

楽しむ

見る