飲んべえモデル村田倫子とギャンブル酒場 vol.6「前橋競輪場」

どうやら、ここでしか堪能できないグルメがあると噂を聞きつけて、新幹線に揺られやってきました、初「前橋」!!!!!

美味しい食のためなら、フットワークも軽やか。(本当は基本的に家からでたくない、干物民です笑)

今回の舞台、前橋競輪場。

私が知っている形態ではありませんでした……。

見よ、この立派なドーム!!!!!
コンサート会場に迷い込んだよう。

 

ドームという構造は、不思議と人をわくわくさせる。
過去には氷室京介さんのライブも、ここグリーンドーム前橋が舞台となったらしい。
メインアリーナは最大2万人も収容できるダイナミックな箱。

エンターテイメントの予感にすでにはしゃぐ私(26歳)。

アリーナの外をぐるりと回ると、券売場や、グルメ店が軒を連ねる。

各所の競輪場の代表(マスコットキャラクター)たちが愛嬌を振りまくコーナを発見!

こんなに色々なバリエーションがあるのですね。皆、個性があって興味深い。

既視感のある海の生き物フォルムに目が止まります。

あ、あれは……。前回訪れた個性強めの「平塚競輪場」の主、イルカと見せかけてキュートなシャチ「ウィンディくん」じゃない!?

探してたよう、「ウィンデイくん」。
ここでも会えて嬉しいな。

 

再会を喜んだところで、お腹がなったので、まずは腹ごしらえといきましょう。

1軒目に訪れたのは、「カパーニュ 山水」

うどんに、そば、ラーメン、焼きそば、カレーライス。我々日本国民、大好き主食のオンパレードです。

しかもワンコインほどで、欲求を満たしてくれるお品書き。好きです。

おじちゃん達の麺を啜る音と、香ばしい香りに誘惑されましたが、ここはぐっと我慢。

胃とお小遣い(2000円)が許す限り、前橋グルメをハシゴをしたい欲張りな私は、さくっとつまめるたこ焼きと、冷えた身体と胃のウォーミングアップに「甘酒 150円」を。

年末年始、連日のフルファイティングモード(暴飲暴食)で疲弊したお腹が癒されます。

この記事が気に入ったら
いいね! しよう。

Prev
飲んべえモデル村田倫子とギャンブル酒場 vol.5「平塚競輪場」
飲んべえモデル村田倫子とギャンブル酒場 vol.5「平塚競輪場」

楽しむ

見る