全国の競輪場のグルメをタレントの村田倫子さんが紹介する人気連載「飲んべえモデル村田倫子とギャンブル酒場」。Vol.16は広島競輪場。豚のホルモンを味噌で煮込んだ名物「とんちゃん」や、広島のお酒「カープびいき うまいじゃろ」を楽しみました。週末になると、エア遊具やキックバイクなどが常設されたサイクルパークが開放される広島競輪場に、ぜひ足を運んでみては?

飲んべえモデル村田倫子とギャンブル酒場 vol.16「広島競輪場」

2021.04.07

#タレント #グルメ #競輪場

お久しぶりです。

今回は広島までちょいと足を伸ばしました。

 

 

広く開けた開放感に溢れて、気持ちの良い場内。

 

 

入場して早々、私の胃袋は空っぽ。

そんなお腹のご機嫌を満たすために向かうは、サービスセンター 2F食堂

 

 

広々としたイートインコーナー。

席数も多く、ゆったりとスペースを確保して、ご飯を楽しめる空間だ。

 

丼モノ、麺、定食、カレーまで……

この場所一つで色々な欲を網羅してくれそう。

 

 

まずは、この食堂の名物である「とんちゃん 430円」を。

 

豚のホルモンを味噌でじっくり煮込んだ、ご飯のお供にも、お酒のあてにもぴったりな一皿。

 

 

じゅんと染み込んだ味噌のコク……、

あぁこれはご飯が食べたくなるお味!

とんちゃん丼もあるので、がっつり食べたい方にはこちらもおすすめ。

 

コリッとした歯触り、柔らかい食感。

肝や、腸を3、4種類使うことで、ユニークな食感と風味のアクセントが加わるそう。

色々な素材がお口で弾けて楽しい。

 

 

お店のスタッフさんイチオシの名物はハズレないなぁ。

広島競輪場のマスコットキャラクター、ひろしまぴーすけが可愛いタオルで興奮の汗を拭う。

 

この記事が気に入ったら
いいね! してね。

その他のご当地グルメリポート

おすすめの記事