イケメン競輪選手にインタビューする「イケメンコレクション」徳島県所属の119期・犬伏湧也(いぬぶしゆうや)選手を紹介!大学2年生までは野球に没頭。 野球に限界を感じ始めた頃に出会ったのが、小倉竜二選手でした。 祖父が競輪選手だったこともあり、“身近な職業”だった競輪への挑戦を決めたそうです。 しかし、日本競輪選手養成所の受験には2度不合格。 一度は挫折しパーソナルトレーナーとして就職しましたが、小倉選手と蒋野翔太選手の後押しで奮起します。 3度目の受験で合格しました。2021年7月には「サマーナイトフェスティバル」でGⅡ初出場と、着実にステップアップをしています。 仲間をリスペクトし、何度も「ラインで決めたい」という言葉を口にしていました。 そんな犬伏選手の素顔にも注目です!!

私だけのイケメンコレクション

約2,200名いる競輪選手の中から、
けいりんマルシェ編集部が独断で、
イケメン選手をピックアップ!
プライベートや選手生活について
インタビューしました♪