競輪の楽しさが⾒つかるけいりんマルシェ。楽しい情報、新しい発⾒は、毎⽇をわくわくさせる。競輪であなたをちょっぴりHAPPYにしたい・・・そんな『けいりんマルシェ』です。

猪頭香緒里選手

2021.05.28

新企画がスタート!

結婚・妊娠・出産を経て、選手に復帰した“ママさんレーサー”を紹介する『ママはけいりん選手』。

 

第1回は岡山県・104期 猪頭香緒里(いとう・かおり)選手です。

 

 

経歴年表

 

 

 

23歳:会社を退職してスノーボーダーに

 

学生時代からスノーボードをやっていました。

卒業後、岡山エフエム放送に就職したのですがスノーボードの道を諦めきれなくて…

2年経たずに会社を辞めてしまいました。

 

 

たまたま出場した大会で優勝したことがキッカケとなりプロを目指すようになり、2004年にプロ資格を取得しました。

国内外の大会に出場しながら、バンクーバーオリンピックを目指していました。

 

2007年 オセアニアカップ優勝時

 

 

34歳:競輪キッカケのプロポーズ

 

バンクーバーオリンピック出場は叶わず、次のソチオリンピックを目指すのは年齢的に厳しい…

その後の道に悩んでいました。

 

2010年、瀬戸内国際芸術祭で観光案内のアルバイトをしていて。

その観光案内で玉野競輪場を紹介して、初めて“競輪”の存在を知りました。

 

 

まだガールズケイリンが始まる前の2011年、知人から「競輪選手になってみれば?」と誘われたんです。

 

当時はまだ“カレシ”だった旦那に相談したら

「スノボは“藤原(猪頭選手の旧姓)”で頑張ったから、競輪は“猪頭”で行くか!」って。

 

それがプロポーズの言葉でした笑

 

 

入籍をして、競輪学校(現:日本競輪選手養成所)に願書を出したら、適性で合格することができました。

 

なので、新婚を競輪学校で過ごしました。

愛は公衆電話と文通で育みました笑

 

 

 

43歳:ママになって現役復帰

 

子供は欲しかったのですが、なかなかできませんでした。

「40歳を超えると妊娠・出産が大変だよ」という話を友達から聞いて、39歳の時に体外受精に踏み切りました。

長女を出産し、年子で長男を出産しました。

 

左:長女のことりちゃん 右:長男の稜央くん

 

妊娠中は家でワットバイクに乗ったり、ジムでウエイトトレーニングをしていました。

長男を出産した時は数時間前までジムにいて、「陣痛きた!」って、急いで病院に行ったことを覚えています笑

 

産後1ヶ月くらいで練習を再開。

子供が保育園に通うようになってからは、競輪場で練習できるようになり、徐々に感覚を取り戻すことができました。

 

そして3年半の産休後、無事に復帰することができました。

 

私がレースへ行くときは見送りに来てくれます

 

 

現在:応援してくれる家族のために

 

旦那の協力が無かったら選手復帰は絶対にできませんでした。

旦那には本当に感謝しています。

 

子供の発熱などがあると「もっと効率のいい練習方法はないか」と悩んだりはします。

でも、ママと競輪選手の両立で苦しいと思ったことは一度もありません

 

スノーボードは自分のために。

競輪は応援してくれる家族のためにやっています。

 

最近、長女が赤色を見ると「ママ!3番車!!」って言うんです笑

ママが競輪選手だと分かってきて、応援してくれているみたいで嬉しいです。

 

いまは子供が特にカワイイ時期。

レースが終わったらすぐに家に帰っています。

 

最近は家族でキャンプや山登りにハマっています

 

「結婚して出産しても、選手を続けていける」と、若い選手たちの“道しるべ”になれたらいいなと思っています。

 

いろんなことにやりがいを感じながら、日々を過ごしています。

目標は「子供が小学校を卒業するまで選手を続けること!」と言いたんですけど笑

できる限り精一杯、選手を続けたいと思います。

 

 

ママになっても考え方・やり方・捉え方次第で、夢を追うことができることを伝えたいです。

これはアスリートだけではなく、どんなフィールドでも同じだと思います。

 

ママの皆さん、これからも頑張っていきましょう!!

 

 

 

 

猪頭香緒里

いとう・かおり

誕生日 :1976年12月12日

期別:104期

身長:165cm

ホームバンク:玉野競輪場

 

 

1999年 大学卒業・岡山エフエム放送入社(22歳)

2000年 岡山エフエム放送退社
      スノーボードの道へ(23歳)

2004年 スノーボード プロ資格を取得(27歳)

2007年 スノーボードクロス
      オセアニアカップ優勝(30歳)

2010年 オリンピック出場を断念(33歳)

2011年 入籍・競輪学校出願(34歳)

2012年 競輪学校入学(35歳)

2013年 競輪選手デビュー(36歳)

2014年 競輪選手として初勝利(37歳)

2017年 長女出産(40歳)

2018年 長男出産(42歳)

2020年 現役復帰(43歳)

 

この記事が気に入ったら
いいね! してね。

おすすめの記事