今年は新たに91名の競輪選手がデビュー!今回は、日本競輪選手養成所をトップで卒業した117期の長田龍拳選手、富山県出身者で初のガールズ選手となった下条未悠選手を紹介します!

長田龍拳選手(117期)・下条未悠選手(118期)

2020.05.28

#選手 #インタビュー #ガールズ

今年は新たに男子70名(117期)、女子21名(118期)、計91名の競輪選手が誕生!

 

その選手たちが、いよいよデビュー!

5月15日(金)から3日間、『競輪ルーキーシリーズ2020』が広島競輪場で開幕。

 

今回はデビュー戦に臨む選手たちを撮影するために広島へ。

インタビューはレース終了後リモートで行いました。

 

新型コロナウィルス感染防止のため、「マスク姿」で競輪場に姿を現す選手たち。

 

「この選手はマスクを取ったら、どんな顔なんだろう・・・?」

と、想像しながら、新人選手の素顔をお楽しみください☺️

 

 

今回紹介する選手は、日本競輪選手養成所をトップで卒業した117期と、初の富山県出身ガールズ選手となった118期の2選手!!

 

 

長田龍拳(おさだ・りゅうけん)選手

生年月日:2000129
登録地 :静岡県

 

 

―――初めて実戦を走った感想

若干緊張はしましたが、冷静に動いて自分の得意な展開に持っていくことができて、ホッとしました。

 

―――開催中の宿舎での過ごし方

同期と(日本競輪選手)養成所の思い出話をしたり、部屋でストレッチやテレビを見たりして過ごしました。

 

―――賞金の使い道

考え中です(笑)

 

―――読者へのメッセージ

デビュー戦は優勝できずに終わってしまいましたが、これから練習と勉強を積み重ねて、静岡を代表する選手になれるよう頑張ります!

 

 

 

 

 


 

次のページ:
下条未悠選手

この記事が気に入ったら
いいね! してね。

その他の新人さんいらっしゃい!

おすすめの記事