今年は新たに91名の競輪選手がデビュー!今回は、同期の寺崎浩平選手と一緒にインカレ優勝を果たした、法政大学の自転車競技部元主将・青野将大選手、先行で勝利を目指す立川の元球児・山本勝利選手、父が元競輪選手の青木美保選手を紹介します!

青野将大選手(117期)・山本勝利選手(117期)・青木美保選手(118期)

2020.06.04

#選手 #インタビュー #ガールズ

今年は新たに男子70名(117期)、女子21名(118期)、計91名の競輪選手が誕生!

 

その選手たちが、いよいよデビュー!

5月15日(金)から3日間、『競輪ルーキーシリーズ2020』が広島競輪場で開幕。

 

今回はデビュー戦に臨む選手たちを撮影するために広島へ。

インタビューはレース終了後リモートで行いました。

 

新型コロナウィルス感染防止のため、「マスク姿」で競輪場に姿を現す選手たち。

 

「この選手はマスクを取ったら、どんな顔なんだろう・・・?」

と、想像しながら、新人選手の素顔をお楽しみください☺️

 

 

今回はこの3選手を紹介!

同期で現在はS級で活躍中の寺崎浩平選手と一緒にインカレで優勝した、法政大学自転車競技部の元主将!

先行で“勝利”を目指す、立川の元球児!

元競輪選手の父を持つ、サラブレッド女子!

 

 

 

青野将大(あおの・まさひろ)選手

生年月日:1994年6月28日
登録地 :神奈川県

 

 

―――初めて実戦を走った感想

無観客だったことと、後ろに先輩が付いていないということで、比較的リラックスして走ることができたと思います。

しかし、(『競輪ルーキーシリーズ2020』第1戦を)優勝した町田(町田太我選手)をはじめとして、同期たちとの脚力差を痛感した場面も多かったので、もっと練習して強くならないといけないですね。

 

―――開催中の宿舎での過ごし方

同期たちと、地元に戻ってからどんな練習をしているか、(日本競輪選手)養成所生活の思い出話をして、楽しく過ごしました。

 

―――賞金の使い道

師匠(小原太樹選手)や家族など、お世話になった人たちに何か恩返しをしたいと思っているのですが、今は“一人暮らしの生活費”に消えていきそうです。笑

 

―――読者へのメッセージ

ルーキーシリーズは今回の広島(第1戦)と、6月12日からの伊東温泉(第3戦)に出場します!
同期たちと熱い走りを繰り広げ、117期の気概を存分に見せつけられるよう精一杯頑張ります!
応援よろしくお願いします!

 

学生時代のインカレ、チームパーシュートで優勝した時の写真です。
(右から僕、117期早期卒業の寺崎浩平さん、119回生として日本競輪選手養成所に入所している新村譲さん)

 

 

 

 

 


この記事が気に入ったら
いいね! してね。

その他の新人さんいらっしゃい!

おすすめの記事