競輪の楽しさが見つかるけいりんマルシェ。楽しい情報、新しい発見は、毎日をわくわくさせる。競輪であなたをちょっぴりHAPPYにしたい・・・そんな『けいりんマルシェ』です。

日刊スポーツ「Girl’s Collection 2019」 鈴木樹里選手編

2019.09.12

ところが、自信は粉々に砕かれた。
初戦の予1は逃げる加藤恵をまくろうと仕掛けたが、中団にいた太田美穂に合わされ失速。
6着に終わった。
2走目に着をまとめると決勝進出も可能だったが、そこでも最後尾の7番手に置かれてまくり不発の6着。

競輪学校時代に武器にしていたまくりに自信はあった。
それだけに、学校での競走訓練と実戦の違いを思い知らされた。

 

樹里 やっぱり、一番後ろにいて、6車はまくれませんよね。
前にいなきゃいけないと思いました。考え方を変えないと…。

 

 

待望の初勝利は最終日の一般戦。
先行すると決めていた。
打鐘4角で先頭に立った樹里は飛び付いた小坂知子を 1/8 車輪、振り切った。

 

樹里 初めての1着はめちゃめちゃうれしかった。
予選2走で負けて、どうなることやらと思っていました。
勝負はこれからだなと。

 

 

次走の高知で決勝進出を果たした。
予1は正攻法の福田礼佳が意表を突く先行策。
2番手以降は大きく離れた。

 

樹里 (追走義務違反の)失格が頭をよぎった。
でも、仕掛けたときのスピードの乗りが良かったから行けそうだなって。

 

 

最終4角を回って何とか福田をとらえた。
うれしい勝ち上がり戦での初勝利だ。

ただ、その後がいけなかった。
予2は荒牧聖未にまくりを合わされ4着。
初めて乗った決勝も包まれて、何もできずに流れ込んだ。

 

樹里 決勝は人任せに動いてしまって…。もっと自分から動かなきゃ駄目ですね。

 

 

3戦目の岐阜、4戦目の大宮でも本来の力を発揮できなかった。
卒記チャンプは予想以上に苦戦を強いられている。

しかし、勝負はまだまだ始まったばかり。
潜在能力の高さは誰もが認める。
学校時代、プロフィールの「選手になってからの目標」という欄には「グランプリ優勝」と記した。

 

目標を夢に終わらせるつもりはない。
長い道のりになるかもしれないが、実現に向かって突き進むのみだ。

 

 

【取材・構成=村上正洋】

 

 

 

鈴木樹里(すずき・じゅり)
1999年(平11)10月28日、愛知県新城市生まれ。
桜丘高で自転車競技を始め、17年3月高校選抜ケイリン2位、同年7月インターハイ500メートルタイムトライアル2位。
競輪学校116期生に入学。49戦26勝で2位、卒業記念レース優勝。19年7月デビュー。通算12戦2勝。総獲得賞金は94万6000円。
152cm、57kg。血液型B。

 

サーモン大好き
樹里の好物はさけ。
といっても、未成年ゆえアルコールではなく、サーモンの方。
「回転ずしに行っても、サーモンばっかり10皿くらい食べます。お気に入りの店に友だちといくのが楽しみ。家でも、母に『サーモン買ってきて』って、しょっちゅうおねだりしてます(笑)」。

そして、もう1つ、抹茶のお菓子。
取材日にリクエストにお応えして抹茶の菓子を数点差し入れした。
それなりの量なので完食すればカロリーオーバーだろうが、そこは猛練習で消化してくれれば…。

息抜きはソフトボール選手のころから親しんでいるキャッチボール。
「父とたまにやってます。1人でも壁にボールを当てて、跳ね返ったボールを拾ってまた投げて…。時間を忘れてやってます」。

 

鈴木はネイルも自慢です(撮影・森本幸一)

 

 

【師匠・小林信晴選手のコメント】

樹里が競輪学校在学中の夏季休暇で豊橋に帰省したとき、「弟子にしてください」と頼まれた。
オレでいいのかと思ったけど断る理由もないから…(苦笑)。

高校のときから見ていて小柄ながら強くて、ダッシュ力がある子だなと感じていた。
性格は負けず嫌い。自分にはない資質だから、うらやましいくらい。
でも、今はそれが生かし切れてない。
調子が良くないから、よけいに練習する。それで疲れがたまって悪循環。

その日、リセットしてケアできるようになれば良くなるはず。
実戦でも位置取りも悪いし、レースの流れに乗れてもいない。
乗り方も悪いから矯正する必要もある。

基礎体力を付けて、しっかりした土台を作り、知識と経験を積めば上位で戦える選手になると信じている。

 

 

 

【練習仲間の中嶋里美選手のコメント】

競輪学校に入る前から見ていて強いなと思ってました。

今は思うようなレースができていないみたいだけど、私だってデビューしたころは飛び散らかしていた(大敗続きだった)から、慣れれば大丈夫。

大宮で一緒に参加したとき、上位陣のレベルが上がって「スピードが求められるなか、どれだけ動けるか行ってみないと」という話はしました。
本人はもどかしいと思うけど、素質はあるんだし、きっかけをつかめばそのうち成績に表れるようになると思いますよ。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね! してね。

その他のスペシャル

おすすめの記事