2020月12月28日に平塚競輪場で行われた「ガールズグランプリ2020」。けいマルガールズの開坂映美が現地の模様をリポートしました。推しの佐藤水菜選手の健闘を振り返りながら、競輪の楽しみ方をリポートしています。

開坂映美「ガールズグランプリ2020」観戦リポート

2021.01.06

こんにちは。

けいマルガールズ開坂映美です。

 

昨年末の12月28日から30日にかけて、2020年の各チャンピオンを決めるレース「グランプリシリーズ」が平塚競輪場で行われました。

 

まずは初日(12月28日)に行われた「オッズパーク杯ガールズグランプリ2020」を振り返ります。

 

 

今開催は新型コロナウイルス感染防止対策として、観戦人数の制限をおこなっていましたが、来場していたお客さんのアツさが伝わってきました。

 

私は「できるだけ近くで見たい!」とバンク横で観戦。

 

 

 

結果はご存じの通り、児玉碧衣選手が3連覇達成で優勝!

まだ余裕すら感じる圧巻の強さ。

 

 

私の隣で観戦していたファンの方は、「ここまで圧倒的な強さ見せられちゃうと、何にも言えないね~ただただ、おめでとうだね!」と話していました。

 

児玉選手、改めておめでとうございます!!!

 

 

このレースで私が目を見張ったのは、2番車の佐藤水菜選手の走りでした。

 

 

打鐘の4コーナーで最後方から一気に加速し、最終ホーム通過後1コーナーで先頭に立ちました。

それを目の前で見ていた私は、車券がグシャグシャになるくらい手に汗握りました。

 

結果、2センターで児玉碧衣選手に捲られてしまいましたが、その見せ場に私はかなりの胸アツ。

 

 

レース後、佐藤水菜選手はツイッターを更新していました。

 

 

ガールズグランプリでやりたかったレースができて、内容には満足しています

 

この文章の裏にあるであろう色々なことを想像しました。

「ガールズグランプリトライアルレースでの優勝」

「2年連続でガールズグランプリ出場」

「地元開催ということでのプレッシャーとファンへの恩返し」

「ナショナルチームで練習していることの自信」etc.

 

競輪を少しずつ知っていって、選手のことも知るようになってくると、選手ひとりひとりのドラマが見えたり、想像できたりするのも競輪の魅力だと感じています。

 

ましてや競輪場で生観戦すると、迫力はもちろん選手たちの熱量までも伝わってきます。

 

 

早くこのコロナ禍が終息して、たくさん生観戦できるようになることを願っています。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね! してね。

その他のスペシャル

おすすめの記事