東京大学大学院卒、東京スポーツミッドナイト競輪アンバサダーを務める太田理恵の連載がスタート! 的中しやすい車券の買い方や万車券の出し方まで!? 独自のデータで導く、車券のイロハを紹介します。今回は出走表が競走得点順に記載されている「ミッドナイト競輪」の車券について研究します。

競走得点順で車番配当は変わったの?

2021.04.28

こんにちは、太田理恵です。

今月から、けいりんマルシェで連載を始めることになりました。

 

この連載では、車券の研究をしていくのでよろしくお願いします♡

 

 

まだまだ本場には行けないことが多いですが、私はいつも部屋の壁にプロジェクターでレースを映して競輪を楽しんでいます!

 

 

 

2020年の10月からミッドナイト競輪は

競走得点が高い(=強い)選手から順番に、内枠の車番になりましたね。

 

簡単に言えば1番車から7番車の順に強い選手が並んでいます

 

そこで私は車番配当を毎日研究しています!

 

ミッドナイト競輪を走る選手は多いので

名前までは私もなかなか覚えきれません、、笑

 

でもこのシステムは一目で強い選手が分かるのが良いですよね!

 

まず上位に来る車番配当に変化があったかを調べてみました。

こちらが競走得点順の車番になる前後3か月分の比較です。

 

 

1番車の1着の確率はなんと47.7%になりました!

そして配当も2車単の平均配当は24円差

 

競走得点順の車番になったからと言って

平均配当はほぼ変わらないし、高配当も結構出るんです!

 

 

私はどうしても万車券を当てたくて!!!

 

日々データを取りながら予想をして

今までにミッドナイト競輪5か月の万車券レースを490レース分析しました!

 

4月9日配信の「けいマルガールズと一緒にミッドナイト競輪やろっ♡」でも

みんなで万車券を狙って楽しかったな、、!

 

 

 

そもそもミッドナイト競輪で

どのぐらい万車券が出るか知ってますか??

 

計算すると、1日に平均2回の万車券が出ています

 

 

意外と万車券が出てる!(興奮)

 

万車券を当てるために、まず考えたいのは、競走得点順の車番になって1番車が強いってことです。

 

強いから配当は安いだろうと思ったら

1番車が3着以内に来た万車券は結構多いんです!

 

 

万車券に1番車が絡む確率は半分以上です。

 

万車券の中には狙って獲れないものもありますが、「狙って獲れる万車券」も確実に存在します!

 

それを探すのに、1番車が絡む万車券が半分以上あるということは、頭に入れておきたいですね。

 

(本気で万車券を狙っています、、笑
家ではいつも眼鏡です。)

 

 

万車券が出るパターンはいくつかあるのですが、今回は狙いやすい万車券のパターンを紹介します。

 

「3連複は人気だけど、3連単は万車券」のパターンです。

 

この場合は人気の選手同士で決まるけど着順がポイントです!

1番強い1番車が人気になるからこそ、

1番車が3着までに来ないパターンを探すことも大切です!

 

 

今回は実際に私が外して、悔しかったレースを観てみましょう。

3月8日の高知FⅡ「WINTICKET杯」初日の第5レースです。

 

 

このレースは6車立ての2分戦で、235と614のラインに分かれました。

 

 

 

結果は2番車今村選手のラインの3人で決まりました。

ライン3人で決まったので3連複は270円と2番人気でしたが3連単は万車券でした!

 

 

1番車は強いですが、このレースのように他の選手の「番手」を走る時は力を出し切れないことがあるので、注意が必要です!

 

私はこの3選手の3連単は買っていましたが、5番車三宅選手の1着は買っていませんでした!!

 

3番手の選手が1着になることは少ないですが、高配当になります!

特に直線が長い500バンクでは最後まで着順が変わるので、あまり買い目を絞り過ぎずに狙うと高配当が獲れるかも♡

 

3選手の3連単BOXなら6点なので

このレース以降はBOXで買うことを意識しています!笑

 

そろそろ万車券の報告ができるように!

研究を頑張ります♡

 

 

日々、ミッドナイト競輪を見ながら車券を研究し、Twitterでは予想をfleetにて出しています!

 

 

PROFILE
太田理恵
(おおた りえ)

 

誕生日:1992年6月22日
出身地:東京都
血液型:B型
身長 :165cm
東京大学大学院卒
ミス・ワールド2014・2015・2020日本大会 特別賞
東京スポーツ ミッドナイト競輪アンバサダー

 

この記事が気に入ったら
いいね! してね。

おすすめの記事