2021年最初のGⅠ「全日本選抜競輪」優勝者は郡司浩平選手。地元・川崎競輪場でのGⅠで見事優勝、自身2度目のGⅠ制覇、「KEIRINグランプリ2021」出場権を獲得した。移籍後初のGⅠとなった深谷知広選手が圧巻の逃げを見せ、郡司選手の優勝に貢献。2着は和田健太郎選手、3着は守澤太志選手だった。

ENJOY!競輪レース

ビッグレースをはじめとする、
「注目の競輪レース」を紹介!
レース展望や注目選手のピックアップ、
結果をリポートします。

    Loading...