前田亜美、自転車を買いに行く!後編

2018.12.21

#タレント

「日々の生活に自転車は欠かせない!」というNO BICYCLE,NO LIFE な元AKB48 の前田亜美さんが、理想の自転車を求めて茨城県・土浦へ。駅ビル全体が自転車の拠点施設へリニューアル中の、「PLAYatrTSUCHIURA」内の自転車専門店「ル・サイク」へ。

前編記事)で、無事運命の自転車に出逢い、購入することができた前田さん(以下、)ですが、このままでは走ることができません!

オシャレ自転車は、マストで必要な前後のライトや鍵など、カスタマイズしてようやく完成するもの。ライフスタイルや好みに応じて、荷台を付けたり、自分仕様に作り上げていけるのも楽しみの1 つです。手間を掛けた時間、コストの分、より愛しくなるという訳です。

ということで、後編では、初心者でもわかる、カスタムの選び方をご紹介します。

前回に引き続き、舞台は自転車専門店「ル・サイク」、指南役は同店の店長・新井祥平(以下、)さんです。

マイ自転車を守ってくれる鍵選びは慎重に

 

「自転車の鍵を選ぶとき、ダイアル式と鍵で開けるタイプ、どっちがいいんでしょうか?」

「頑丈なのは鍵で開けるタイプです。ダイアル式は、切断という方法以外にも打撃で壊せてしまうので、盗難のリスクは上がります。ただ、肝心の鍵を開ける鍵を失くしてしまうと……(笑)」

「それが心配です(笑)」

「なので、鍵を選ぶときは自分の性格も考えた方がいいと思います。あと、乗る環境にもよるので、これが正解っていうのはないんですよ」

「乗る環境?」

「例えば、繁華街の真ん中に職場があったり、駅前にしか止める場所がないという方は、盗難される可能性が高いので、重くて頑丈なものを選ぶしかない。このワイヤータイプは軽いし、使いやすいのですが、壊し方を知っている人間からすると、たった5 秒で破壊できます」

「そんなに短時間で!お気に入りの自転車は絶対に守りたいから、私に合ってるのは鍵で開けるタイプなのかもなぁ……」

「僕も鍵で開けるタイプを使用していますよ。あとは、チェーンの太さと長さを決めましょう。太ければ太いほど切断に時間がかかるので安全ですが、単純に重くなっていくので、持ち歩きづらくなります。また、長さはある程度あった方が、ガードレールなどいろいろなところに巻けるのでオススメです」

「色々なところに行く予定なので、念のため長めのタイプにします!この『ABUSチェーンロック』(写真下、真ん中)の白にしようっと」

「いいと思います!半年くらいすると鍵のかかりが悪くなりますが、油を少し差してあげると全然変わるので、長期間使えます」

この記事が気に入ったら
いいね! しよう。

Prev
前田亜美、自転車を買いに行く!前編
前田亜美、自転車を買いに行く!前編
Next
前田亜美、自転車を買いに行く!番外編
前田亜美、自転車を買いに行く!番外編