もっとしりたい麗しのガールズケイリン

プロフィール

  • 髙木真備 Takagi Makibi
  • 生年月日 1994年08月17日
  • 身長 161.1cm
  • 登録地 東京都
  • 期別 106期
  • SNSアカウント twitter

インタビュー

編集部が選んだ美人選手を紹介する「もっと知りたい♡麗しのガールズ」
今回は、現在24歳の髙木真備(たかぎ・まきび)選手にインタビューしました!
好きなものや好きな男性のタイプ、選手としてのこだわりなど、プライベートの姿から選手としての姿まで、様々なことを語ってもらいました!

大好きなお菓子も節制中

――”じゃがりこ”が大好き

お菓子全般好きなのですが、特に“じゃがりこ”が大好きなんです。

“じゃがりこ”には、期間限定の味や地域限定の味があって、中でも中部限定の手羽先味と九州限定の明太子味が絶品なんですよ。
全国各地で開催されるレースに出場するので、その地域限定のじゃがりこを買って帰るのが、以前は楽しみでした

先輩たちもよく、お土産に買ってきてくれてましたし。

――以前は?

最近は食べるのを我慢してるんです。
お菓子の食べ過ぎは良くないですし、太ってしまうとレースにも影響が出ますし…

――動物も大好き

私の家は犬と亀を飼っています。

犬は“龍”くんという名前で、甘えん坊なんですよ。
最近、引き戸を開ける方法を覚えたみたいで、夜中に勝手に部屋に入ってきて、一緒に寝るようになったんです。

亀は“かめかめっち”という名前です(笑)

小学校の低学年の時から飼っていて、最初は体長が7cmくらいだったんですけど、今は25cmくらい。もう片手で掴めないほど大きくなりました。
亀って意外と動きも早いですし、捕まえる時には爪を立てられて痛いですし、力も強いんです。
たまに怖いですけど、眺めているとやっぱり可愛いです!

――休日の過ごし方は?

家でじっと録り溜めたドラマを見ています。
1クールごとに、ほぼ全部の作品を録画しているんです。
面白かった作品はDVDに焼いて、レースの時に持って行って観ながら過ごしています。

――女子力アップのために気を遣っていること

ネイルですね。
ガールズケイリンの選手はネイルをしている子も多くて、皆んなで情報交換をしています。
私の場合はレース前にネイルへ行ってレースに臨むのがルーティンになっています。

絶叫系へ一緒に行きたい

――好きな男性のタイプは?

ハッキリとした濃い顔立ちの男性が好きです。
タレントでいうと嵐の松本潤さんみたいな顔立ちがいいですね。

性格的には面白い人。体格はゴツいほど良いです。守ってほしくなります!(笑)
私、結構”甘えたがり”なんです。だから、年上でリードしてくれる人が良いなと思います。

――理想のデートプランは?

遊園地に連れていって欲しいです!
絶叫系のアトラクションが好きなので、富士急ハイランドでFUJIYAMAとかド・ドドンパとかに一緒に乗りたいですね。
グルングルン回る「ええじゃないか」が一番のお気に入りです。

――絶叫系が好き?

実は昔は苦手だったんです。
小学生の頃、家族で富士急ハイランドへ行って、私だけ乗れなかったんです。
それが悔しくて、練習じゃないですけど乗るように心がけたんです。
そしたら中学生くらいから乗れるようになって、今では大好きになりました。
昔から「負けず嫌い」なんです(笑)

迷わず競輪の道へ

――競輪選手になったキッカケは?

ガールズケイリン1期生のドキュメンタリー番組を観た両親に勧められたことです。
私は中学からハンドボールをやっていたんですが、高3の夏に引退して進路に悩んでた時だったんで 「挑戦してみようかな」って思ったんです。
ちょうど、ハンドボールは高校で終わりにして「いまから始めても上を目指せそうな競技はないかな」と探していた時でしたし。

――迷わなかった?

迷いはなかったですが、自転車競技の経験が全く無かったので、たくさん悩みました。
例えば、大学に入って自転車競技をやってみて「自分に向いている」って思ってから競輪選手を目指した方が良いのか?とかです。

――競輪愛好会への参加

競輪選手の指導のもと、実際にバンクを走行できる競輪愛好会に参加したんです。
その時、増茂るるこ(ましも・るるこ)選手に相談したら、「オリンピックに出たければ大学で自転車競技をやったほうがいいけれど、ガールズケイリンの選手になりたければ競輪学校に入ったほうが近道だよ」とアドバイスをくれました。

競輪選手になりたかったので、競輪学校の受験を決めました。

25歳までに賞金女王

――負けず嫌い

デビュー当初は、悔しさが抑えられなくて号泣してました。
周りからは「また泣いてるよ」って思われてたと思います(笑)
1着を取ったレースでも、走りに納得がいかないと泣いてました。もちろん、負けても泣いてましたけど(笑)
今は出さないようにコントロールしてますけど、負けず嫌いは変わってないです。

――ファンのおかげで強くなれる

初めてビッグレースに出させてもらえたのが2015年で、ファン投票で出場できる「ガールズケイリンコレクション」だったのですが、そのレースで2着に入れたんです。
それで自信がついたおかげで普段のレースも勝てるようになったので、私はファンの方々のおかげで強くなれているなと常々感じています。

――今後の目標

競輪学校に入った時から「25歳までに賞金女王になる!」という事を目標にしてきました。
その為にも、12月28日の「ガールズグランプリ」で優勝したいです。
今年と来年、あとチャンスが2回あるので頑張ります!

――最後にファンの方にメッセージをお願いします!

競輪は、一番タイムが速い人が勝つわけじゃありません。
レースの展開次第では、最後まで誰が勝つかわからないところに楽しさがあると思います。
そのハラハラドキドキ感を、ぜひ競輪場で体感してほしいです!

 

次回は、どんな美人選手が登場するでしょうか?
お楽しみに!

ご紹介した選手の出走予定はこちら!

Prsenr Get! Point Get!

コンテンツを楽しむだけでポイントが貯まる けいマルクラブ

コラムを読んだり、クイズに答えるだけで「けいマルポイント」が貯まります。
貯まったポイント数に応じて賞品に応募可能!

まずは会員登録で
1000ptをゲット!

けいマルクラブの楽しみ方

この記事が気に入ったら
いいね! しよう。

Prev
島田優里選手
島田優里選手
Next
元砂七夕美選手
元砂七夕美選手

楽しむ

見る