もっとしりたい麗しのガールズケイリン

2018.10.04

#ガールズ #インタビュー #選手

プロフィール

  • 鈴木奈央 Suzuki Nao
  • 生年月日 1997年02月09日
  • 身長 166.2cm
  • 登録地 静岡県
  • 期別 110期
  • SNSアカウント twitter instagram

インタビュー

編集部が選んだ美人選手を紹介する「もっと知りたい♡麗しのガールズ」
今回は、現在21歳・ホームバンクは静岡競輪場の鈴木奈央(すずき・なお)選手にインタビューしました!
自転車競技日本代表として東京オリンピックでの活躍も期待される鈴木選手。プライベートの素顔から選手としての志など、様々なことを語ってもらいました!

東京オリンピックの競技開催地での暮らし

——— 修善寺での生活

自転車競技の日本代表をやらせてもらっているので、競技の大会に出場しながら、競輪のレースにも参加しています。

今は2020年の東京オリンピックを目指して競技に重きを置いているので、普段は自転車トラック競技が行われる会場の伊豆ベロドロームの近くで暮らして、日々練習しています。

——— 休日の過ごし方は?

“リカバリー”の日はロードで1時間自転車に乗るだけなので、その日が”オフ”とされていて、ロード帰りに練習仲間とカフェに立ち寄ったりしています。ランチやお茶をしながらのんびりしています。

伊豆は自転車が盛んな街なので、そのまま乗り入れできるカフェがたくさんあるんです。
私はその中でも、チェレステカフェによく行っています。海沿いで景色も良いのでリラックスできるんですよ。

甘いものが好きなんですが普段は控えているので、レース終わりやオフの日に食べるスイーツは最高に幸せです!

———好きなアーティスト

西野カナさんが大好きで、頑張っている女性に向けた「Girls」という曲が一番好きです!
スポーツ選手としてもすごく共感できる歌詞なんです。
レース前はこの曲を聴いて気持ちを落ち着かせています。

サロン通いでリフレッシュ

———女子力アップのために気遣っていること

ネイルはいつもしています!
今回のデザインテーマは、ベースカラーとストーンの色味で感じる「秋と夏の狭間」です(笑)

美容室にもよく行きます。髪の毛を触られるのが好きなんです(笑)
シャンプーも気持ち良いし、良い香りがするし、雰囲気も良いですし、総じて美容室は女子としてたまらない場所ですよね!

トリートメントなどのケアだけでも行ったり、私の行っている美容室ではまつエク(まつ毛エクステンション)もやってもらえるので頻繁に通っています。

——— 好きな男性のタイプは?

身長が高くて、守ってくれそうなガッチリした体格の人が好きです。
今はやってなくても全然良いんですけど、何かスポーツに打ち込んできた人が良いですね。

性格は、たくさん喋ってくれて面白い人が好きです!

——— 理想のデートプラン

ドライブをしながら、水族館に行ったり夜景を見に行ったりしたいです!
遊園地とかで思いっきり遊び倒すデートより、ゆっくりお話ししながら過ごしたいなって思います。

“競技”と”競輪”の両立

——— 兄と乗り始めた自転車

小学校3年生の時に兄と一緒に自転車に乗り始めました。
自転車に乗ることは楽しかったですし、兄に勝つと嬉しくて、いつも競い合っていました。

ずっと自転車には乗っていたんですが、兄と同じ進路を追って、高校時代から本格的に自転車競技を取り組み始めました。進学コースだったので、勉強はかなりギリギリで大変でした…(笑)

——— 競輪選手になったキッカケ

大学の自転車競技部から何校か声を掛けてもらっていたんですが、自転車を職業にできるガールズケイリンにも興味があったんです。両親が大学進学を望んでいたこともあって悩んでんでいました。

高校3年生の時、アジア選手権にジュニアで出場したんです。
同じ大会に“競技”と“競輪”を両立させている加瀬加奈子(かせ・かなこ)選手が出場していて、「私もこうなりたいな」と思ったのが一番大きなキッカケです。

いざやってみて、両立といっても思った程うまくはいっていないんですけどね。

——— “競技”と”競輪”の双方で生きること

“競輪”での経験は、自転車競技での「レース慣れすること」に生かせてるんじゃないかなと思います。
“競技”の大会では割とリラックスして走れています。世界大会などはさすがに緊張しますが…

私は“競技”で”競輪”のレースより長い距離を走る中距離種目をやっているので、”競輪”ではスタミナを生かした粘り続けるレースをしようとしています。

どちらもやり続けるのは大変ですが、仲間と切磋琢磨しながら充実した毎日を過ごしてます。

———— 今後の目標

今は競技にしっかり重きを置いて、2020年の東京オリンピックに出場したいです!
自転車トラック競技は、私の地元・静岡県での開催なので思い入れは人一倍強いです。
今までお世話になった方々の前で良い走りをするのが目標です!!

競輪選手としては、やっぱりガールズグランプリに出場したいです。
この目標は、東京オリンピックが終わってからの目標になってしまうと思いますが、この2つの夢を追いかけてこれからも頑張っていこうと思います!

——— 最後にファンの方にメッセージをお願いします!

自転車のレースを見たことない人ってたくさんいると思うんです。
実際に見てみると、迫力もすごいですし、スピードも楽しめると思いますので、生で見てもらいたいです!
是非会場に足を運んでみてください!

 

次回はどんな美人選手が登場するでしょうか?
お楽しみに!

ご紹介した選手の出走予定はこちら!

Prsenr Get! Point Get!

コンテンツを楽しむだけでポイントが貯まる けいマルクラブ

コラムを読んだり、クイズに答えるだけで「けいマルポイント」が貯まります。
貯まったポイント数に応じて賞品に応募可能!

まずは会員登録で
1000ptをゲット!

けいマルクラブの楽しみ方

この記事が気に入ったら
いいね! しよう。

Prev
元砂七夕美選手
元砂七夕美選手
Next
高橋朋恵選手
高橋朋恵選手