わたしだけのイケメンコレクション

2018.08.16

#イケメン #インタビュー #選手

プロフィール

  • 伊早坂駿一 Ihayazaka Shunichi
  • 生年月日 1994年9月11日
  • 身長 179.7cm
  • 体重 89.5kg
  • 登録地 茨城県
  • 期別 105期

インタビュー

編集部が選んだイケメン選手を紹介する「イケメンコレクション」
今回は、現在23歳・ホームバンクは取手競輪場の、伊早坂駿一(いはやざか・しゅんいち)選手にインタビューしました!
趣味の釣りの話、相撲の経験や競輪選手になったキッカケなど、様々なことをお話してもらいました!

休日は渓流釣りでリフレッシュ

――休日の過ごし方を教えてください

昔から釣りが好きなんです。今でも月2~3回は友達と一緒に行ったり、1人でも行ったりします。

小中学校の頃はバス釣り(ブラックバス釣り)をしていましたが、最近はニジマス釣りにハマっています。
ニジマスは山の中にある渓流で釣るので、気持ちが良くてリフレッシュになるんです。

他には、YouTubeで動画を見ていることが多いです。
たとえば…釣りの動画とか(笑)これが意外と勉強になるんです!

ヒカキンがやっている「HikakinTV」もよく見ます。

――好きな食べ物は?

焼肉屋によく行きますね。カルビのような脂が乗った肉が好きなんです。
僕はお酒をあまり飲まないので、白飯を片手に肉をバクバク食べちゃいます。

競輪選手は焼肉好きが多いですよね。レースの打ち上げは8割がた焼肉です(笑)

――釣った魚は食べないのですか?

食べないです。
キャッチ&リリースが僕の釣りのスタイルです。

一緒にドライブするのが理想のデート

――好きな女性のタイプは?

僕は自分のペースを守りたいタイプなので、包容力のある優しい人が好きです。
うるさく口出しせずに、お互いの1人の時間も大事にし合えるような女性をがいいなって思います。

――理想のデートプランは?

一緒にドライブに行きたいです。
運転するのが好きなので、1人でもよくドライブに行くんです。

僕の住んでいる茨城から東京方面までよくドライブしてます。
表参道、六本木、渋谷のスクランブル交差点とか、他にはテレビで見たことのある場所に行ってみたり…って、僕ミーハーですかね?(笑)

あと、もちろん釣りも一緒にできたらサイコーです!

武器は相撲で培った瞬発力

――小学生から相撲をやっていた

僕の生まれ育った茨城県は相撲が盛んな県で、各地に相撲クラブがあるんです。
小さい頃から身体が大きかったので、親に勧められて小学生のときに入りました。

現横綱・稀勢の里関も茨城県出身なんですよ。

―お父さんも競輪選手

競輪選手だった父(伊早坂新也選手)に憧れて幼稚園の頃から競輪選手になりたいと思ってました。
テレビで競輪をよく見ていて、父はもちろんレースで走る選手を子供ながらに「カッコイイな~」って思っていました。

―選手としてのこだわりは?

早くから先頭に立って、風を浴び続けながらも最後まで突っ切ってゴールまで駆け抜ける姿を見てほしいです。
今は“先行選手として強くなる”この事しか頭にありません。

あと、トップスピードにもっていくまでの時間が短いのも僕の武器です。
相撲の立ち合いで培った瞬発力が活かせているんじゃないかなと思ってます。

――最後にファンの方にメッセージをお願いします!

競輪のスピードを感じてもらうのが、一番の醍醐味だと思ってます。
走っている音や自転車同士の接触はとても迫力があるので、是非とも生で観てほしいです。

僕は現在、S級2班というランクです。もう1つ上のランクであるS級1班に上がれるように頑張るので、応援してもらえると嬉しいです!

 

次回は、どんなイケメン選手が登場するでしょうか?
お楽しみに!

ご紹介した選手の出走予定はこちら!

Prsenr Get! Point Get!

コンテンツを楽しむだけでポイントが貯まる けいマルクラブ

コラムを読んだり、クイズに答えるだけで「けいマルポイント」が貯まります。
貯まったポイント数に応じて賞品に応募可能!

まずは会員登録で
1000ptをゲット!

けいマルクラブの楽しみ方

この記事が気に入ったら
いいね! しよう。

Prev
竹内雄作選手
竹内雄作選手
Next
宮越大選手
宮越大選手