編集部が選んだイケメン競輪選手を紹介する「イケメンコレクション」。107期・茨城県所属、ホームバンクは取手競輪場の吉田拓矢選手にインタビューしました!父・叔父が元競輪選手、2人の弟も競輪の道に進んだ競輪一家。同期の中で一番早くS級に昇級。GⅠでも最前線で戦う、関東の若手エースの素顔に注目しました!

イケメンコレクション

No.088

Profile2021.02.22

  • Takuya Yoshida 吉田拓矢
  • 生年月日 1995年05月07日
  • 身長 171.5cm
  • 体重 73.3kg
  • 登録地 茨城県
  • 期別 107期

Interviewインタビュー

編集部が選んだイケメン選手を紹介する「イケメンコレクション」。
今回は現在25歳、ホームバンクは取手競輪場の吉田拓矢(よしだ・たくや)選手にインタビューしました!

父(吉田哲也さん)、叔父(吉田伸二さん)が元競輪選手、弟2人も選手の道を選んだ競輪一家。

自転車競技を始めたキッカケは、中学までやっていた「水泳を辞める口実」だったそうです。

高校では高体連優勝、ジュニアナショナルチームにも所属。
才能を開花させました。

2015年に107期としてデビューし、同期でいちばん早くS級昇級。
GⅠ決勝にも過去2度出場と、ビッグレースの第一線で戦う関東の若きエースです!

クールな見た目ですが、話をすると謙虚で穏やかな人柄が印象的でした。

強くて優しい、好青年の素顔に注目です!

 

 

愛猫と温泉が大好き

 

―――ビビと豆大福

猫が大好きで、家で2匹飼っています。

灰色のマンチカンが“ビビ”で白のスコティッシュフォールドが“豆大福”です!

 

マンチカンの“ビビ”

 

スコティッシュフォールドの“豆大福”

 

すごく可愛いですね〜。

練習以外はだいたい家で一緒にいます笑

 

 

ショッピングも好きで、都内へ行くことが多いです。

最近はコロナの影響もあって行けていませんが、何を買うかは決めずフラッと店に入り、ぶらぶら見て歩くのが好きです。

 

―――おしとやかなコ

静かなタイプの女の子がすごく好きです。
ワイワイやる系じゃなくて、おしとやかなコに惹かれますね。
見た目は派手な感じでなければ。です笑

僕は温泉が好きなので、一緒に温泉旅行に行きたいです。

結構いろんな温泉地に行きました!

最近は群馬県にある「千と千尋の神隠し」のモチーフになった積善館に行ってきました!

 

 

 

GⅠ決勝、そして優勝を目指して

 

―――名物兄弟になれたら

中学まで水泳をやっていたんですが、楽しくなくなって熱も冷めてきて…
父と叔父が競輪選手だったこともあり、水泳を辞める口実で「自転車をやる!」って言ったんです笑

高校は自転車競技部のある取手第一高校に入学しました。
全国大会にも出場し、高体連では優勝(ポイントレース)できました。

ジュニアのナショナルチームにも所属したんですが、そこではずっと補欠でした。
短距離も中距離も走れるけど、メンバーには入れないっていう中途半端な感じで…

大学に行って競技を続けるか、競輪選手を目指すか悩んだ末、競輪選手になることを決意しました。

父は決して競輪を勧めることはありませんでしたが、選手になることを決めてからは色々と協力してくれるようになりました。

 

 

僕は5人兄弟なんですが、2人の弟も競輪の道に進みました。
111期の昌司と、もう1人の有希は3月に(日本競輪選手)養成所を卒業して、119期としてデビューします。

S級で3人一緒に走って、茨城の“名物兄弟”になれたらいいですね笑

 

 

―――憧れの選手

2020年はあまり起伏のない1年でしたが、年末に記念(12月17日〜20日:佐世保GⅢ)で優勝できたのは良かったです。

2021年はGⅠの決勝に乗って、獲得賞金ランキング上位を目指します。
そして、「GⅠ優勝」が実現できるよう頑張っていきたいです。

憧れの選手は、地元の大先輩の武田豊樹さんです。
練習に取り組むときの真剣な姿勢は、ぜんぜん違うなと思います。

武田さんに刺激を受けて、そして学んで、これからも頑張っていきたいと思います。

 

 

―――読者へメッセージ

GⅠで良い結果を残せるように頑張ります!

競輪を見たことのない方は、生で、スポーツとして観戦すると面白いと思います。

コロナ禍が落ち着いたときには、ぜひ生でレースを見に来てください!

 

 

 

 

次はどんなイケメン選手が登場するでしょうか?

お楽しみに!!

 

ご紹介した選手の出走予定はこちら!

この記事が気に入ったら
いいね! してね。

おすすめの記事