イケメン競輪選手を紹介する「イケメンコレクション」 群馬県所属の100期・恩田淳平(おんだ・じゅんぺい)選手にインタビューしました!父は元競輪選手の恩田康司さん。笑顔を絶やさない明るい性格のルーツには、賑やかな家庭環境があったそうです。木暮安由選手と練習しながら、実力はもちろん人間力を高めようと励んでいる、恩田選手に注目です!

イケメンコレクション

No.093

Profile2021.04.06

  • Junpei Onda 恩田淳平
  • 生年月日 1990年05月18日
  • 身長 165cm
  • 体重 63.5kg
  • 登録地 群馬県
  • 期別 100期
  • SNSアカウント twitter

Interviewインタビュー

編集部が選んだイケメン選手を紹介する「イケメンコレクション」。
今回は現在30歳、ホームバンクは前橋競輪場の恩田淳平(おんだ・じゅんぺい)選手にインタビューしました!

いつも笑顔の恩田選手。
その背景には「なんでも楽しもう!」と思える長所があるようです。

父は元競輪選手の恩田康司さん。
小学生の頃から競輪選手になることを夢見てきました。

競輪選手になってから5年後、壁にぶつかります。
一念発起し、群馬県の先輩・木暮安由選手と練習することを志願。

練習の厳しさには驚いたようですが、木暮選手の人間力の高さ、それと同時に自身の成長を実感しているようです。

デビュー10年目を迎える今年、「ファンに恩返しできるように」と目標を定めた恩田選手に注目です。

 

 

Do It Yourself

 

―――自分の長所

賑やかな雰囲気が大好きです!

僕自身、兄弟が多かったのもありますし、何より母がすごくフレンドリーな人なんです。

実家は鍵がかかっていたことがなくて笑

学校から帰ると、僕や兄弟の友達が10人くらい集まっているような家でした。

 

そんな環境で育ったこともあって、「なんでも楽しもう!」と取り組めるところは、長所なのかなって思います。

いまは子供が3人いるので、賑やかで毎日楽しいです。

 

 

 

―――DIYとBBQ

昨年のコロナの流行で時間もできたので、DIY(Do It Yourself)を始めました!

まさに「やってみよう」ということで、自転車小屋や長椅子なども作りました。

結構、本格的なものになりました笑

 

 

この自転車小屋は他にも活用しています。

「感染リスクが少なくて、家族で楽しめる遊びって何かな〜」って考えていたら、「バーベキューだ!」と思って。

自分で仕込んで、焼いて、食べて。

すごく楽しんでいます。

 

 

 

木暮さんから学ぶこと

 

―――成長を実感

父(恩田康司さん)が競輪選手でした。

兄も自転車競技部に入っていたこともあり、幼い頃から「自転車に乗りたい」と思っていました。

小学校の卒業アルバムには「競輪選手になりたい」って書いていましたね。

「自転車は高校を卒業してからでも遅くない」と父から言われていたので、高校までは陸上部でした。

 

高校卒業後、父と同じ練習グループだった澁谷明さんに師匠になってもらって、自転車の練習を始めました。

競輪学校(現:日本競輪選手養成所)には、2度目の受験で合格することができました。

 

 

いま、木暮(安由)さんと練習をしています。

キッカケは、まだA級だった5年くらい前、成績に波があったんです。

「S級で活躍したいけど、このままじゃこれ以上の選手にはなれないかも…」

そう思っていました。

師匠からの助言もあって、木暮さんにお願いして、一緒に練習させてもらうようになったんです。

 

練習は厳しいですが、毎日「成長している」と実感しています。

そのおかげで、いまS級で戦えるようになりました。

そして3月には、初めて木暮さんと連携ができました!
※3月1日 取手FⅠ初日

 

 

木暮さんは人間力も、ものすごく高いんです。

人への気配り、状況を察知しての判断力などは飛び抜けていると思います。

 

木暮さんから競輪以外のことも学び、僕も人間力を高めていきたいです。

 

 

―――読者にメッセージ

競輪選手は年齢層も広いですし、選手の体格も様々です。

高齢の選手や僕みたいな小さい選手でも戦えるところが、面白さの1つだと思います。

 

僕はコンスタントに成績を残して、車券を買ってくれたファンに恩返しをし続けることが目標です!

 

 

 

 

次はどんなイケメン選手が登場するでしょうか?

お楽しみに!!

 

ご紹介した選手の出走予定はこちら!

この記事が気に入ったら
いいね! してね。

おすすめの記事