10月21日(木)からGⅠ「寬仁親王牌・世界選手権記念トーナメント」が行われます。 弥彦競輪場では、6年ぶりの開催です。 その主役になると予想されるのが、地元の諸橋愛(もろはし・めぐむ)選手。諸橋選手の、開催に向けた意気込みをインタビューさせてもらいました!

【GⅠ寬仁親王牌】地元・諸橋愛選手にインタビュー!

2021.09.30

10月21日(木)からGⅠ「寬仁親王牌・世界選手権記念トーナメント」が行われます。

弥彦競輪場では、6年ぶりの開催です。

 

その主役になると予想されるのが、地元の諸橋愛(もろはし・めぐむ)選手

 

諸橋選手は「KEIRINグランプリ2017」に出場し、競輪選手の頂点S級S班も経験。

現在もなお、ビッグレースの最前線で戦い続ける44歳のベテラン選手です。

 

今回、諸橋選手に「地元開催への意気込み」をインタビューさせてもらうことが出来ました!

 

 

 

―――ホームバンクでのGⅠ

特別な想いを持って臨むつもりです。

この親王牌に照準を合わせて、3ヶ月前くらいからのプランを考え、トレーニングをしてきました。

 

(人数制限はありますが)今回は有観客での開催です。

ファンの前で走れる方がやりがいもありますし、気持ちも盛り上がります。

特に地元ファンの声援は、すごく温かいんです。

活躍する姿を見せたいです。

 

 

―――開催の見どころ

東京オリンピック日本代表の2人(新田祐大選手、脇本雄太選手)が競輪に戻ってきてから、レースのスピードが更に上がりました。

 

僕らはちょっとキツいですけど笑

見応えのある、力強い競走になると思います。

弥彦は直線距離も長いので、後ろの選手にも十分チャンスのあるバンクだと思います。

 

 

 

―――戦い続けるモチベーション

この歳でも練習での“発見”が結構あるんです。

とくに人から教えてもらったトレーニングをやってみると、刺激になることも多くて。

“気付き”があるのが面白いですね。

 

まわりが「追い込み日本一だ!」なんて言ってくれることもあるんですけど、僕は勝ちたいだけ。

優勝したいだけです。

その一心で、毎日の練習に取り組んでいます。

 

GⅠともなると、少しのコンディションの違いで、結果が全く変わってきます。

しっかりケアもして、開催までにコンディションを整えていければと思います。

 

 

―――ファンへのメッセージ

まずは決勝戦に乗ることが、第一前提だと思っています。

チャンスが来た時に掴めるよう、しっかり準備はしています。

あとは結果を残すだけです。

 

応援、よろしくお願いします!!

 

 

 

 

 

競輪と真摯に向き合い続ける、ベテランレーサー。

諸橋選手の活躍に注目です!!

 

 

 

GⅠ「第30回寬仁親王牌・世界選手権記念トーナメント

日程:10月21日(木)〜24日(日)

場所:弥彦競輪場

 

この記事が気に入ったら
いいね! してね。

その他のENJOY!競輪レース

おすすめの記事