いよいよ11月18日 (木)~23日(火・祝)、小倉競輪場で今年最後のGⅠ「第63回朝日新聞社杯 競輪祭」が行われます!!この開催で、年末の「KEIRINグランプリ2021」に出場する全9選手が決定します! KEIRINグランプリに出場するためには、この競輪祭での優勝、もしくは競輪祭終了時の獲得賞金ランキング9位以内が必須。4人の競輪担当記者に「今年の“競輪王”になると思う選手」をズバリ聞いてみました!!

競輪記者4人が「今年の“競輪王”」を予想!!

2021.11.15

いよいよ今年最後のGⅠ「第63回朝日新聞社杯 競輪祭」が始まります!

 

日程:11月18日(木)~23日(火・祝)

場所:小倉競輪場

 

 

この開催で、年末の「KEIRINグランプリ2021」に出場する全9選手が決定します!

 

KEIRINグランプリに出場するためには、この競輪祭での優勝、もしくは競輪祭終了時の獲得賞金ランキング9位以内が必須となります。

 

現在の獲得賞金ランキング10位以下の選手がこの競輪祭で優勝した場合、獲得賞金ランキングでの出場は7位の佐藤慎太郎選手の金額を上回る必要があります。

 

11月15日現在の獲得賞金ランキング

黄色は「KEIRINグランプリ2021」の出場内定選手
※獲得賞金額は、選考用賞金額とは異なります

 

 

そして、残念なニュースも飛び込んできました…

東京オリンピック代表で、現在「競輪界最強」との呼び声も高い脇本雄太選手が、この競輪祭出場を断念。

 

 

脇本選手が万全な状態で競輪に戻ってくることを願っています。

 

 

今回は日々、競輪選手を取材し、競輪選手と向き合っている4人の競輪担当記者に「今年の“競輪王”になると思う選手」をズバリ聞いてみました!!

※この競輪祭で優勝した選手には“競輪王”の称号が与えられる

 

 

 

トップバッターは「競輪祭と言えばこの方!」

60年以上競輪を見てきた競輪記者界のレジェンド!

 

🗞コンドル出版社

武田一康(たけだ・かずやす)社長

コンドル出版社:全国に熱狂的なファンを多数持つ「コンドルネット新聞」を発行

 

 

真剣に取り組めばナショナルチーム・スプリント部門のエースとして世界選・五輪でもメダルを取れる天才サイクリストなのに、束縛されるのがイヤなのか、父・母・妻そして子供3人とマウンテンバイクの競技に参加するのを生き甲斐にして、それで脚力を鍛えているのが今年の快成績。

 

地元競輪祭は誘導での参加が多いですが、2009年1月の大会(競輪祭(競輪王))では、抜群のパワーで決勝に乗ったのに、井上昌己・小野俊之を連れて2周逃げた事で、山崎芳仁・伏見俊昭の捲りに屈した苦い思い出が。

今回は12年振りのリベンジを果たす優勝を狙ってほしい。

 

誰からも愛される真のアスリート。

 

 

北津留翼選手

90期 / 福岡県

現在の獲得賞金ランキング35位
27,315,400円
※獲得賞金額は、選考用賞金額とは異なります

 

この記事が気に入ったら
いいね! してね。

その他のENJOY!競輪レース

    おすすめの記事