5月3日(火・祝)からいわき平競輪場で開催されている第76回日本選手権競輪も、残すところあと1日となった。 5日7日(土) 準決勝3レースが行われ、決勝進出メンバーが決定!全9選手の準決勝後のコメントを紹介

第76回日本選手権競輪 決勝メンバーが決定!

2022.05.07

5月3日(火・祝)からいわき平競輪場で開催されている第76回日本選手権競輪も、残すところあと1日となった。

 

5日7日(土) 準決勝3レースが行われ、決勝進出メンバーが決定し、下記の通りの出走表となった。

 

競輪オフィシャルサトKEIRIN.JPより抜粋

 

◆ 並び予想

8⃣ 脇本-1⃣ 古性-4⃣ 東口

5⃣ 眞杉-2⃣ 平原-9⃣ 佐藤

3⃣ 清水-6⃣ 荒井

7⃣ 守澤

 

 

◆ 準決勝後の選手コメント

1番車:古性優作選手(大阪/100期)

 

初日・2日目は「どうなるかな」と思いましたけど、ここにきてやっと調整がハマってきた感じがします。

明日の決勝に向けて“いい感触”がつかめました。

ちょっと遅かったですが、ギリギリ間に合いました。

日本選手権競輪は優勝したいレースなので、気を引き締めて頑張ります!

 

 

 

2番車:平原康多選手(埼玉/87期)

 

コンディションはまずまずですが、何としても(番手だった)地元の(佐藤)慎太郎さんを決勝に乗せないと、という気持ちで走りました。

 

 

 

3番車:清水裕友選手(山口/105期)

 

今日も最後伸びて確定板に入れたので調子はいいと思います。

僕にとっては初日が全てです。

初日が良ければ、だいたい決勝には行けていると思うので。

そういう意味では気持ちの面が大きかったですね。

不安は無いです。

 

 

 

4番車:東口善朋選手(和歌山/85期)

 

しっかりと決勝の権利をとることを意識して走りました。

また明日も古性・脇本の後ろを走れることは光栄ですし、しっかり走りたいと思います。

 

 

 

5番車:眞杉匠選手(栃木/113期)

 

前走から半月くらいかけて調整して、仕上げてきたので良かったです。

「もう一度ダービーの決勝に乗りたい」と思っていたので嬉しいです。

去年よりは成長したかなと思います。

 

 

 

6番車:荒井崇博選手(佐賀/82期)

 

(嘉永)泰斗に億万長者になるチャンスをもらいました(笑)

最悪な展開だけ考えて、チャンスがきたら“こういう大きなレース”で決勝に乗る準備をしてきたので良かったです。

脚の調子は全く問題ないです。

 

 

 

7番車:守澤太志選手(秋田/96期)

 

今日の眞杉君もそうですけど、この開催は(自分の)前を走ってくれてる選手に感謝ですね。

S級S班なのに、これまで不甲斐ない成績が多かったので、決勝に乗れてよかったです。

 

 

 

8番車:脇本雄太選手(福井/94期)

 

初日から徐々に緊張感が高まっている中で、尻上がりに良くなってるように見えると思うんですが、これは自分自身へのプレッシャーに打ち勝っている結果だと思います。

決勝はもう一段階、緊張感をもって戦いたいと思います。

 

 

 

 

9番車:佐藤慎太郎選手(福島/78期)

 

地元のダービーの決勝という舞台に立てた。

それだけでも十分嬉しいです。

タオルを見せて応援してくれたり、「慎太郎!」と名前を呼んで応援してくれてる方がたくさんいるので、それがモチベーションに繋がっています。

 

 

 

 

決勝レースは5月8日(日)

いわき平競輪場 第11レース 16:40発走予定

 

 

歴史的瞬間を見逃すな!!

 

 

 

    この記事が気に入ったら
    いいね! してね。

    その他のENJOY!競輪レース

      おすすめの記事