9月19日(月・祝)、名古屋競輪場でGⅡ「第38回共同通信社杯」の決勝レースが行われました。 郡司浩平選手が逃げ切って優勝! 4日間全て1着となり、完全優勝を達成!! 「共同通信社杯」は2019年以来、3年ぶり2度目の優勝! 通算5回目のタイトル獲得となりました。

GⅡ「共同通信社杯」郡司浩平選手が完全優勝!!

2022.09.19

9月19日(月・祝)、名古屋競輪場でGⅡ「38回共同通信社杯」の決勝レースが行われました。

 

郡司浩平選手が逃げ切って優勝!

4日間全て1着となり、完全優勝を達成!!

 

「共同通信社杯」は2019年以来、3年ぶり2度目の優勝!

通算5回目のタイトル獲得となりました。

 

 

 

冷静にレースを振り返った郡司選手。

 

嬉しい反面、(和田)真久留の落車で複雑な気持ちでもあります。

準決勝では捲りでしたが、半周で自力も出せましたし、気持ちも(前に)出せたレースが出来たので、決勝で長い距離を踏むことに不安はありませんでした。

最近の競輪界は逃げて勝つことが難しい中、大きな舞台で先行して優勝できたことは、大きな自信に繋がります。

 

獲得賞金ランキングの順位も上がりましたが、まだ(KEIRINグランプリ出場が)確定はしていません。

グランプリに向けて残り少ないですが、GⅠ優勝を目指して頑張ります。

次の久留米記念(GⅢ)・寬仁親王牌(GⅠ)に向けて、出来ることをしっかりやって、準備して臨みたいと思います。

 

 

レース結果

1着:3番車 郡司浩平選手

2着:8番車 内藤秀久選手

3着:9番車 武藤龍生選手

4着:6番車 柏野智典選手

5着:2番車 松浦悠士選手

6着:4番車 神山拓弥選手

7着:1番車 平原康多選手

8着:7番車 佐藤慎太郎選手

落車棄権:5番車 和田真久留選手

 

 

 

 

次のビッグレースは、10月20日(木)〜23日(日)に前橋競輪場で行われるGⅠ「31回寬仁親王牌・世界選手権記念トーナメント」。

 

いよいよ終盤に突入する「KEIRINグランプリ2022」出場権争い。

引き続き注目していきます!

 

 

    この記事が気に入ったら
    いいね! してね。

    その他のENJOY!競輪レース

      おすすめの記事