イケメン競輪選手を紹介する「イケメンコレクション」今回は守澤太志(もりさわふとし)選手にインタビュー!金髪がトレードマークで、まるで韓流ドラマに出てくる王子様!競輪界の“選ばれし9選手”・S級S班に、2年連続で君臨しています。高校から自転車競技を始めて中長距離種目で才能が開花。主将も務めた明治大学ではロードレースでインカレ優勝。選手生命の長さを考え競輪選手になりました。デビュー11年目で最強ランク・S 級S班の座をつかみ取りました。愛妻家の守澤選手の伊豆での暮らしも必読です♡

イケメンコレクション

No.104

Profile2022.01.21

  • Futoshi Morisawa 守澤太志
  • 生年月日 1985年7月20日
  • 身長 170.7cm
  • 体重 75.0kg
  • 登録地 秋田県
  • 期別 96期
  • SNSアカウント instagram

Interviewインタビュー

編集部が選んだイケメン選手を紹介する「イケメンコレクション」

今回は現在36歳の守澤太志(もりさわ・ふとし)選手にインタビューしました!

 

金髪がトレードマークで、まるで韓流ドラマに出てくる王子様!

競輪界の“選ばれし9選手”・S級S班に、2年連続で君臨しています。

 

高校から自転車競技を始めて中長距離種目で才能が開花。

主将も務めた明治大学ではロードレースでインカレ優勝。

選手生命の長さを考え競輪選手になりました。

 

デビュー11年目で最強ランク・S 級S班の座をつかみ取りました。

愛妻家の守澤選手の伊豆での暮らしも必読です♡

 

 

ロードか競輪か

 

―――明治大学で主将

中学まではスキーと野球をやっていました。

でも「どちらとも先は無い」と思っていたので、自信があった脚力を生かせるスポーツを探していました。

近所に自転車競技が強い高校(大曲農業高校)があったので「やってみようかな」と思い、高校から自転車競技を始めました。

 

高校3年生の時にインターハイのポイントレースで優勝。

推薦で明治大学に進学しました。

大学ではロードレースとトラック中長距離をメインにやっていました。

主将をやっていた4年生の時は、インカレの個人ロードレースでも優勝することができました。

明治大学には石井寛子根本哲吏など、競輪選手になった部員も結構いるんですよ。

 

進路は迷いました。

プロのロードレーサーになるか、競輪選手になるか…

でも、競輪選手の方が選手生命も長いですし、収入面も全然違うので競輪学校(現:日本競輪選手養成所)の受験を決めました。

短距離はあまりやって来なかったので、「絶対に受からない」と思っていましたが、なんとか合格できました笑

 

 

 

韓流に寄せてます!笑

 

―――愛妻家

1年半くらい前から金髪にしています。

奥さんが金髪にしたので、それに“乗っかった”感じです笑

割と評判がいいので続けています。

韓流に寄せてます!笑

 

K-POPも好きです。

TWICEカワイイな〜」って思いながらMVを見ています笑

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

守澤太志(@morisawafutoshi)がシェアした投稿

 

グランプリ初出場が決まったとき、奥さんに「エルメスのバーキン」をプレゼントするつもりだったんです。

でも正規店では常連客じゃないと買えないみたいで…

なので、「ベンツのゲレンデヴァーゲン」をプレゼントしました!

前の車が壊れそうだったっていう理由もあるんですけどね。

本当は光岡自動車が欲しいらしいので、“繋ぎ”のゲレンデです笑

 

 

いまは伊豆を拠点に練習しています。

伊豆の国市にある「パプリカフェ」というイタリアンが好きです。

すごく美味しいですよ!

 

あと、サントムーン柿田川によく行きます笑

静岡の選手からは、「この前サントムーンで見たぞ」って、よく目撃されます笑

 

※撮影時のみマスクを外しています

 

 

―――まずはグランプリ出場

S級S班になることが初めて決まった時は、「すごい!本当になれたんだ!!」って、感動しました。

「僕みたいな選手でもSSになれるぞ!」って、気持ち的には「ドヤ!」でしたね笑

 

他の選手からの見られ方も変わりました。

車券も「こんなに売れるの!?」というくらいお客様から注目して頂くようになり、責任感が生まれました。

でも、あまり気負うことはなく、楽しく戦えていると思います。

 

 

初めてグランプリを走ってから「またこの舞台で走りたい」という気持ちが芽生えました。

それを目標に2021年はやってきました。

 

有観客で行われた昨年末の静岡は、グランプリ特有の凄い雰囲気でした。

そんな舞台で走らせてもらえたのに、肉体的にも精神的にも良い状態で走ることができず、悔いの残る結果になってしまいました。

今年はその悔しさを晴らせるよう、まずはグランプリ出場を目指します。

 

1年を通して安定した成績を残せるように。

そして、S級S班として責任をもって一走一走全力で走りたいと思います。

成績にも走りにもこだわって、頑張ります!

 

 

―――読者にメッセージ

競輪選手は、それぞれの体格やタイプが全然違います。

新田(祐大)くんのようなムキムキで強そうな選手や、僕みたいな強そうに見えない選手がいたり笑

そんな選手それぞれが、色々な走りをして“競輪”で戦っています。

そこに注目して見てもらうのも面白いと思います!

 

これからも、応援よろしくお願いします!

 

 

 

次はどんなイケメン選手が登場するでしょうか?

お楽しみに!!

 

ご紹介した選手の出走予定はこちら!

    この記事が気に入ったら
    いいね! してね。

    その他の私だけのイケメンコレクション

      おすすめの記事