12月30日に静岡競輪場で行われたKEIRINグランプリ2021。優勝したのは古性優作選手!初出場で見事チャンピオンに輝き、2021年の賞金王となった。優勝後のコメントを紹介。

古性優作選手がKEIRINグランプリ優勝!!

2021.12.30

KEIRINグランプリ2021

 

優勝したのは古性優作選手!!

 

 

 

初出場のKEIRINグランプリで見事チャンピオンとなった!!

 

優勝賞金¥108,300,000(1億830万円:副賞込み)を獲得!!

獲得賞金額が¥210,561,000となり、2021年の賞金王に輝いた。

※KEIRINグランプリ初出場での優勝は12人目

 

 

レース後のインタビューでは優勝の喜びを噛み締めながら、感謝の気持ちをコメントした。

 

デビューした時からずっと見てきたグランプリ。
まさか獲れると思っていませんでした!

最後の直線は長かったです。
ゴールした瞬間に優勝したことが分かりました!

グランプリに出た選手からは「1度出たら、また走りたくなる舞台」と聞いていました。
今日、それを実感しました。

グランプリは素晴らしい舞台で、自分の力を一滴も余すことなく走ることができました。

この優勝の喜びは、まずは家族に伝えたいです。
そして近畿の先輩たち、稽古をつけてもらったOBの郡山(久二)さん、他にもいろいろな方に感謝の思いを伝えたいです。

 

 

賞金は「強くなるための投資」に使いたいと思います。

来年1年間を「1番車」として走ることは、少し荷が重いです笑
今回のグランプリは、近畿勢が1人だったので心細く感じました。
来年はより多くの近畿勢がグランプリで走れるよう、しっかり頑張っていきたいです。

 

✅最後にファンの皆さんへメッセージ

最後の直線で、ものすごい声援が聞こえてきました。
本当に感謝します!
来年も応援よろしくお願いします!!

 

 

 

レース結果

1着:4番車 古性優作選手

2着:3番車 平原康多選手

3着:2番車 郡司浩平選手

4着:5番車 佐藤慎太郎選手

5着:1番車 松浦悠士選手

6着:6番車 守澤太志選手

7着:8番車 宿口陽一選手

8着:9番車 清水裕友選手

9着:7番車 吉田拓矢選手

 

    この記事が気に入ったら
    いいね! してね。

    その他のENJOY!競輪レース

      おすすめの記事