わたしだけのイケメンコレクション

2020.01.18

#イケメン #インタビュー #選手

プロフィール

  • 吉岡 伸太郎 Shintaro Yoshioka
  • 生年月日 1993年5月28日
  • 身長 172.9cm
  • 体重 77.3kg
  • 登録地 愛媛県
  • 期別 105期

インタビュー

編集部が選んだイケメン選手を紹介する「イケメンコレクション」
今回は、現在26歳・ホームバンクは松山競輪場の吉岡伸太郎(よしおか・しんたろう)選手にインタビューしました!

祖父の吉岡貢さんは元競輪選手。師匠の松田大介さんは従兄という競輪一家で育ち、自然と競輪選手を目指すようになったそうです。

高校は愛媛県内の進学校に通いながら、文武両道の精神で練習にも励み、競輪選手になる夢を叶えました。
強い後輩選手に刺激を受けながら、S級を目指して日々奮闘中です。
おしゃべりが大好きで女性のタイプや趣味などプライベートについてもお話してくれました。

 

気軽に付き合えなくなってしまいました(笑)

―――野球観戦

中学校の3年間、野球部でした。
なので、いまでも野球はよく見ます。巨人ファンです。

データを見るのも好きで、打率を分析したりもしますし、各球団の移籍情報はひたすら眺めていられます(笑)

 

 

―――2020年、いい人に巡り合えたら

いま彼女はいません。
この歳になると、どうしても結婚や将来を考えて慎重になってしまいます。
「本当にこの人で大丈夫かな?」とか「一生一緒にいる相手なのかな?」とか、いろいろ考えてしまって…
最近は「いいな」と思った人と気軽に付き合えなくなってしまいました(苦笑)

一緒にいると落ち着くような、おっとりした女性が好きです。
料理やお菓子作りが趣味というような家庭的なコだったら、尚更いいです。

付き合うなら結婚までしたいので、2020年はいい人に巡り会えたらいいですね。

―――彼女の行きたいところへ

基本は相手に合わせるタイプなので、彼女の行きたいところに連れていきたいです。

海水浴や登山などアウトドアでもいいですし、映画とか漫画喫茶、インドアもなんでも付き合います。
でもホラー映画だけは苦手なので、これだけは付き合えません…
すみません。

ご飯にいって、ただひたすらおしゃべりするのもいいですね。

 

 

勝ちに貪欲に、もっと上を目指したい

―――バリバリの進学校から競輪選手へ

身内に競輪選手が多かったこともあり、将来は競輪選手になるだろうと思っていました。

高校はバリバリの進学校で、同級生160名のうち大学へ進学しなかったのは、自分を含めて3名だけでした。
自転車競技部がなかったので部活動には所属せず、授業が終ったらすぐに帰宅し、ロードレーサーで練習するという生活をしていました。

授業もみっちりあって、赤点も厳しかったので両立が大変でした。
無事に競輪選手になれたのでよかったです。

―――後輩の存在

デビューして1年半が経った頃、選手をクビになる直前の成績でした。
その頃は練習にも身が入らず、「もうクビになったらクビになったでいいや」っていう、自暴自棄でどん底の心境でした。

そんななか、“強い後輩”(佐々木豪選手)がデビューして、一緒に練習するようになりました。
「自分も頑張ろう!」と思えてきて、だんだんと調子を上げることができました。

昨季は“S級目前”のところまで来られたので、勝ちに貪欲になって、もっと上を目指したいです。
勝ったら楽しいですし、また勝ちたくて練習するようになります。
これからも目の前のできることを、ひとつずつやっていこうと思います。

―――競輪の、ココがおもしろい!

競輪は個人競技だと思っている人が多いと思いますが、実は“チームプレー”をしているんです。
ライン」と呼ばれる“チーム”について知ってもらえると、必ずおもしろさが伝わると思います。
なので、まずはルールをしっかり知ってほしいです!

 

 

次はどんなイケメン選手が登場するでしょうか?
お楽しみに!

 

ご紹介した選手の出走予定はこちら!

Prsenr Get! Point Get!

コンテンツを楽しむだけでポイントが貯まる けいマルクラブ

コラムを読んだり、クイズに答えるだけで「けいマルポイント」が貯まります。
貯まったポイント数に応じて賞品に応募可能!

まずは会員登録で
1000ptをゲット!

けいマルクラブの楽しみ方

この記事が気に入ったら
いいね! しよう。

Prev
三谷竜生選手
三谷竜生選手
Next
伊藤裕貴選手
伊藤裕貴選手