イケメン競輪選手にインタビュー!静岡県所属の109期、大石剣士(おおいしけんし)選手を紹介。競輪選手を目指して高校から自転車競技をスタート。現地生観戦し憧れた舞台・共同通信社杯で、2020年は自身初のGⅡ出場を果たし、選手宣誓も行いました。今年更なる活躍が期待される、おっとり癒し系イケメンです!

イケメンコレクション

No.087

Profile2021.02.03

  • Kenshi Oishi 大石剣士
  • 生年月日 1995年12月01日
  • 身長 172.1cm
  • 体重 69.7kg
  • 登録地 静岡県
  • 期別 109期

Interviewインタビュー

編集部が選んだイケメン選手を紹介する「イケメンコレクション」
今回は現在25歳、ホームバンクは伊東温泉競輪場の大石剣士(おおいし・けんし)選手にインタビューしました!

中学までは陸上の中距離種目の選手。
「スポーツを職業にしたい」と考えていたころ、父親から勧められたのが“競輪選手”。

高校で自転車競技を始め、2度目の受験で競輪学校(現:日本競輪選手養成所)に入学しました。

コロナ禍での猛練習を経て、昨年の「共同通信社杯」で自身初のGⅡ出場!

19歳の頃に「いつか自分も立ちたい」と憧れた舞台で選手宣誓もしました。

活躍の舞台を広げ、更なるステップアップを目指す注目株です。

外見も話し方も、全てがおっとりしている大石選手。
競輪界イチの“癒し系男子”に注目です!

 

 

8匹の柴犬

 

―――練習が大好き

自転車が趣味なので、練習も好きです!
練習をキライっていう選手もいますが、僕は大好きです。

いまは「3日練習 ⇒ 1日休み」をサイクルにしていますが、休みの日にも練習をしたくなったりします笑

 

昨年のコロナの流行で、競走がたくさん中止になってしまった時、1ヶ月くらい休みなしで練習したんです。

それがキッカケで、成績が上がりました!

「強いな!」とまわりに言ってもらえるようになって、自信にもなりました。

 

 

―――元ブリーダー

家では愛犬たちと遊んでいます。

以前、実家が柴犬のブリーダーをやっていたんです。

いまは8匹飼っています。
これでもだいぶ減ったんです笑

 

 

競走から4〜5日ぶりに家に帰ると、犬たちの喜び方がスゴいです!
8匹まとめて、飛びついてきます笑

すごく痛いんですけど、かわいいです!

 

 

 

―――結婚している姿

真面目な女の子に惹かれます。
気をつかわなくていい子が良いですね。

まわりからは「年上の方が合いそう」ってよく言われます笑

同世代の選手には結婚した人も多くて、「早いな〜」ってビックリします。

結婚願望はありますが、自分が結婚している姿は、まだ全然想像できないです笑

 

 

 

GⅠ・GⅡで勝ち上がれるように

 

―――父からの勧め

小学生の頃から中学まで、陸上をやっていました。
1,500mなどの中距離種目がメインでした。

将来はスポーツを職業にしたいと考えていたのですが、「陸上ではなかなかお金が稼げないよな〜」と思っていて…
そんな時に父から勧められたのが、競輪選手だったんです。

陸上経験も活かせるひとつの職業として教えてくれました。

興味があったので「競輪選手を目指してみよう」と、高校は自転車競技部のある学校を選びました。

 

高校3年生の時、競輪学校(現:日本競輪選手養成所)の受験に落ちてしまって…

それから1年間、今の師匠(梶原亜湖選手)に練習を見てもらって、2回目で合格できました。

 

 

 

―――憧れの舞台で宣誓

去年、地元の伊東(温泉競輪場)で初めてGⅡ(共同通信社杯)に出場しました。

選手宣誓もさせていただきました!

共同通信社杯は2014年にも伊東で開催されて、現地で見たんです。

当時は19歳。
「自分もいつか、この舞台に立ってみたいな」と憧れたのを覚えています。

そんな当時を思い出して、選手宣誓している自分が変な感じでしたね笑

 

今年は3月の「ウィナーズカップ(GⅡ)」、5月の「ダービー(日本選手権競輪・GⅠ)」にも出場予定です。
勝ち上がれるように頑張ります。

将来はGⅠで優勝して、グランプリに乗りたいです!!

 

 

 

―――読者へメッセージ

ひとつでもいい着順を目指して、最後まで諦めない姿を見てほしいです!

選手は戦法もそれぞれなので、「どんな戦い方をするのかな?」と注目してみると面白いと思います。

 

たくさんの方に、競輪を好きになってもらえますように!

 

 

 

次はどんなイケメン選手が登場するでしょうか?

 

お楽しみに!!

 

 

ご紹介した選手の出走予定はこちら!

この記事が気に入ったら
いいね! してね。

おすすめの記事