競輪界の新人119期、茨城県所属の吉田有希(よしだゆうき)選手を紹介!兄は107期の吉田拓矢選手と111期の吉田昌司選手。父と叔父も競輪選手でした。高校から自転車競技を始め、1kmTTインターハイ3位、国体優勝!兄のようなS級トップ選手になりたいと意気込んでいます!!

吉田有希(よしだ ゆうき)選手・119期

2021.06.20

#インタビュー #選手

新たに119期(男子)69名、120期(女子)21名、計90名の競輪選手が誕生!

 

いよいよ7月!本格デビューを迎えます!

 

今年も新人選手に経歴や注目ポイント、意気込みなどを聞きました!

 

 

 

吉田有希(よしだ・ゆうき)選手

 

現在19歳・ホームバンクは取手競輪場

 

兄は107期・吉田拓矢選手と111期・吉田昌司選手の競輪一家の末っ子。

父と叔父も元競輪選手でした。

 

高校から自転車競技を始め、3年生の時に1kmTT(タイムトライアル)でインターハイ3位、国体では優勝。

日本競輪選手養成所ではゴールデンキャップを獲得しました。

 

「兄のようなS級のトップで活躍できる選手を目指す」と意気込みます。

 

 

Q:経歴を教えてください

つくば工科高校で自転車競技部に所属していました。

同じ高校出身の兄・昌司が愛好会として始めて、僕がクラブ活動を創設しました!

成績は、3年生の時に1㎞TTでインターハイ3位、国体で優勝しました。

 

 

 

Q:競輪界に入ってビックリしたことは?

小さい頃から競輪が身近にあったのでこれといった話はないんですけど…

やっぱり金銭感覚が狂います笑

競輪場には常に高級車が停まっているイメージがあります!

 

 

Q:好きなことはなんですか?

犬の散歩です!

練習から帰ってきたら、だいたい散歩に連れていきます笑

 

 

 

Q:自分のアピールポイント

兄達と同様に地脚タイプなので、先行力に注目してほしいです!

あと、よく「兄達に似てる」と言われるので、そこにも注目?してもらいたいです笑

 

左:昌司選手 中央:有希選手 右:拓矢選手

 

 

Q:意気込みを教えてください!

S級で活躍する自力選手になれるよう頑張ります!

 

 

 

Q:メッセージをお願いします!

兄のようにS級のトップで活躍できるよう、そして手に汗握るワクワクする走りをできるよう頑張ります!

茨城吉田3兄弟の応援をよろしくお願いします!

 

 

 

 

吉田選手は7月5日(月)〜7日(水)の地元・取手開催で、本格デビューを迎えます!

お楽しみに!!

 

 

 

吉田有希

よしだ・ゆうき

生年月日:2001年9月8日

身長:168.5cm

登録地:茨城県

ホームバンク:取手競輪場

師匠:吉田拓矢選手

※競輪ルーキーシリーズ結果
第3戦(大宮):2着、2着、1着

 

 

 

119期・120期に関する詳しい情報はコチラ

 

この記事が気に入ったら
いいね! してね。

その他の新人さんいらっしゃい!

おすすめの記事