紺野ぶるまのケイリンぶるぶる vol. 2

けいりんマルシェ×東京スポーツのコラボ企画!

「紺野ぶるまのケイリンぶるぶる」が3月、清流の国・岐阜を舞台に行われた。

 

「R‐1ぐらんぷり」2017、18年と決勝進出の女ピン芸人・紺野ぶるまさんが、2005年のKEIRINグランプリの覇者で昨年12月に引退した加藤慎平さんの元を訪れ、自転車体験や車券購入に挑み、そしてガールズレーサー高木真備選手と対談を行った。

 

笑いあり、涙あり、悶絶あり、芽吹きあり…。競輪の魅力にはまった紺野ぶるまさんの奮闘をお届けします。

 

 

 

岐阜競輪場に到着した紺野ぶるまさんは加藤さんのアテンドのもと、ガールズケイリンの車券購入にチャレンジ。

 

予想をしたのは34日の67レース。

車券戦術に入る前、加藤さんに競輪のいろはを受けます。

 

 

ぶるま「車券は営業で競輪場へ行ったときとかに買っていましたがラインとか分からないことが多くて…」

加藤「大丈夫。ガールズはライン戦って概念がないから初心者の方も入りやすいんです」

ぶるま「どういうことですか?」

加藤「芸人さんの世界に例えれば…。普段のライン戦って松竹芸能があって吉本興業があって、そこにフリーの芸人が割り込んでかき回す、みたく入り組むんですが、ガールズは基本は全員がピン芸人みたいなもので」

ぶるま「あ、R‐1と一緒だ。事務所に属さないフリー芸人ってけっこう、はじけますしね~」

加藤「(笑)。単勝はないけど、好きな選手から買ったりもできます。7車で走るから当てやすいですよ」

 

 

試行錯誤の末にいよいよ車券購入。

6Rで人気を集めたのは①小林莉子選手―⑤大久保花梨選手の折り返し。

 

両者を軸に予想しますが「基本、ギャンブルは穴が好き。当てるだけなら2車単でいいけど、どうせなら3連単で少しでも多く当てたい」と高配当を欲しています。

 

 

マークカードを記入しいざ車券を購入!

 

3連単

①⑤④ 500円

⑤①④ 500円

①⑤⑦ 100円

⑤①⑦ 100円

 

2車単

⑤① 1000円

⑤⑤ 100円

 

と購入しました。

 

 

車券を握り締め、いざ観戦。

横の加藤さんも真剣な眼差しでレースを見守ります。

 

レースは2コーナ過ぎ、①小林選手が⑤大久保選手の巻き返しに併せてまくって1着。

大久保選手の後ろに付けていた③元砂七夕美選手が、大久保選手を抜いて2着となり①③⑤で決着。

 

予想外の結果にぶるまさんは「エ~~~ッ」と悲鳴を上げて呆然とするも「外れましたが、巻き返します!」と鉄のメンタルで7レースへ。

この記事が気に入ったら
いいね! しよう。

Prev
紺野ぶるまのケイリンぶるぶる vol.1
紺野ぶるまのケイリンぶるぶる vol.1
Next
紺野ぶるまのケイリンぶるぶる vol. 3
紺野ぶるまのケイリンぶるぶる vol. 3

楽しむ

見る