デイリースポーツコラム「KEIRIN屋」岐阜県117期・山口拳矢選手の特集。2021年3月「ルーキーチャンピオンレース」で優勝し、同期の頂点に。3月25日〜は「ウィナーズカップ」に出場。デビュー10ヶ月でのGⅡ初出場となった。父はKEIRINグランプリを2度制覇した山口幸二さん。次男にエースを送った。

デイリースポーツ「KEIRIN屋」山口拳矢特集

2021.03.20

※この記事は、2021年3月19日付けのデイリースポーツ「KEIRIN屋」に掲載されたものです

 

 

 

デイリースポーツ「KEIRIN屋」
デビューからわずか10ヶ月でGⅡ出場!競輪界の「華麗なる一族」山口拳矢特集

 

 

今回のKEIRIN屋は山口拳矢(25)=岐阜・117期・S2=を特集。

 

KEIRINグランプリV2の山口幸二氏(引退、現競輪評論家)を父に持ち、昨年5月にデビュー。

4カ月後の9月には負け知らずの24連勝でS級2班に特別昇級。

トップクラス相手でも互角の戦いを演じており、最上位ランクのS級でも既にV3を挙げている。

 

25日開幕のウィナーズカップ(松阪)では、デビューからわずか10カ月でGⅡ初出場。

祖父、父、兄を追って競輪界に飛び込んできた25歳のホープを直撃した。

 

(取材、構成・森田新吾)

 

 

競輪界の『華麗なる一族』に生まれ育った山口。

祖父、父、兄を追って、昨年5月にデビューした。

 

日本競輪選手養成所時代の成績は2位。

その実績通り、デビュー戦から好走。

8場所連続完全優勝を成し遂げ、わずか4カ月でS級2班に特別昇級した。

 

S級初戦の大垣FⅠも無傷で決勝に進出。

26連勝で臨んだ決勝は落車して連勝は止まったが、12月の伊東FⅠでS級初優勝。

初のGⅢ出場となった広島記念で決勝3着に入り、今年11月に行われる競輪界最高峰のGⅠレース・競輪祭(小倉)の出場権を早くも手に入れた。

 

今年に入っても快進撃は続き、1月の奈良FⅠ・デイリースポーツ杯、3月の静岡FⅠで優勝。

さらに直前の大垣ルーキーチャンピオンレースも制して117期の頂点に立った。

 

 

 

ここまでまずまずとは思います」と話すが「9車の経験があまりにも少ないんですよね。GⅢ以上ではなかなか厳しくて…」と口にした。

 

新型コロナウイルスの影響で、FⅠ以下の開催は7車立てが主流。

相手が少ないと、多少のごまかしは利くが、9車立てが基本のGⅢだと、経験値の少ない選手はどうしても戦いにくい。

それをしっかりと察知して、対策を練っている。

 

GⅡ・ウィナーズカップは山口にとって初めてのビッグレース。

記念を走って周りの選手が強いことは分かりました。どこまで勝ち上がれるか、頑張るだけです」。

強心臓ルーキーと思われがちだが「すごく緊張していますよ」と本音もチラリ。

 

KEIRINグランプリV2でレジェンドレーサーとして知られる父を抜くには、グランプリを3回も制覇しなくてはならない。

そんなことを口にするのはおこがましいですよ。もっともっと実績を積んでからです」。

 

父譲りのレースセンスを武器に、競輪界の頂点へ着実に歩みを進める。

 

この記事が気に入ったら
いいね! してね。

その他のスペシャル

おすすめの記事