2021年3月25日(木)〜28日(日)はGⅡ「第5回ウィナーズカップ」!松阪競輪場で行われる。S級S班の3選手の意気込みを紹介。全日本選抜競輪の優勝者・郡司浩平選手、暦年のS班、関東地区の代表選手・平原康多選手、北日本の新エース・守澤太志選手。各地区を背負って臨むエースたちの想いに注目です!

3月25日~28日はGⅡ「ウィナーズカップ」

2021.03.12

GⅡ「第5回ウィナーズカップ

3月25日(木)〜28日(日) 三重県・松阪競輪場で開催!

 

ウィナーズカップとは

競輪の新たな歴史を築くため、平成28年度に新設された比較的新しいGⅡ競走。

選考基準は、競輪ファンの車券に1番貢献している1着回数の上位者から選抜されるなど、これまでのグレードレースにはないユニークな特徴がある。

 

ヤンググランプリ2020」に出走した全選手も出場予定!

S級S班をはじめトップ選手と若手選手たちの戦いは見どころの一つだ。

 

 

 

今回S級S班の3選手に、GⅠ「全日本選抜競輪」を振り返ってもらい、ウィナーズカップに向けての意気込みを聞くことができた。

 

 

まずは「全日本選抜競輪」の優勝者!

「KEIRINグランプリ2021」の出場権を1番乗りで獲得した、南関東地区のエース。

初代「ウィナーズカップ」(2017年)のチャンピオン。

 

郡司浩平選手

神奈川県 / 99期 / 30歳

 

 

「全日本選抜」終了後は、ゆっくり休む時間を取りました。

ここまで(3月10日時点)は、自転車のセッティングなどを煮詰める時間に充てました。

 

ウィナーズカップでも、より一層ラインの力を高めていかなきゃいけないですし、僕も先頭に立って「“南関”を引っ張っていかないといけないな」と思っています。

 

「タイトルを全て獲る!」くらいの気持ちですが笑

「“南関”みんなでグランプリへ」という想いで頑張ります!

 

 

 

今年も既にGⅢで2度優勝。
※1月の立川競輪・大宮競輪GⅢ

その強さは言わずもがな、関東地区のエース。

 

平原康多選手

埼玉県 / 87期 / 38歳

 

 

個人の力に加え、ラインの力で“南関”勢がすごく強くなっているように感じています。

関東(地区)もラインの力を底上げできれば、対抗できると思っています。

 

埼玉にも、いい若手選手はたくさんいます。

どんどんレースでアピールしていってほしいです。

「ウィナーズカップ」も頑張りたいと思います!

 

 

 

「全日本選抜競輪」では決勝3着に入選した北日本地区の新たなエースの1人。

第4回ウィナーズカップ」では準優勝。

 

守澤太志選手

秋田県 / 96期 / 35歳

 

 

S級S班になって立場も変わって、ここまでは良い流れできています。

気持ちを入れて走れていると思います。

 

全日本選抜の決勝は「隙があれば、“南関”ラインを分断してやろう」と思っていたんですが、深谷(知広)くんがしっかり先行して、郡司(浩平)くんがいて、和田(健太郎)さんもずーっと締め切っていて、本当に隙が無かったです。

「“南関”みんなが良い仕事をしているな」と思いました。

 

「ウィナーズカップ」は一人でも多く北日本(地区)から決勝に乗って、僕も乗ることができるように頑張ります!

 

今年の目標は(KEIRIN)グランプリに出ること。

このタイトルを獲ることができたら、グランプリ出場権獲得にも近づくので。

しっかりとつかめるよう練習します!

 

 

 

 

S級S班のエースたちが各地区を背負って臨む「ウィナーズカップ」。

優勝するのは、果たして誰なのか!?

 

GⅡ「ウィナーズカップ」は3月25日(木)から松阪競輪場で開催。

決勝レースは、3月28日(日)、第12レース!

 

けいりんマルシェでは、結果もリポート。

お楽しみに!!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね! してね。

その他のENJOY!競輪レース

おすすめの記事