6月18日(木)〜21日(日)、和歌山競輪場で行われた約4ヶ月ぶりのGⅠレース『第71回高松宮記念杯競輪』。現地の検車場を編集部がリポート。完全優勝を果たした脇本雄太選手は安堵の表情、決勝3着に終わった松浦悠士選手は痛恨の表情でリベンジを誓っていました。

GⅠ『高松宮記念杯』検車場リポート

2020.06.29

約4ヶ月ぶりにGⅠレース『第71回高松宮記念杯競輪』が、6月18日(木)〜21日(日)、和歌山競輪場で行われました。

 

新型コロナウィルス感染拡大のため、5月のGⅠレース『第74回日本選手権競輪』が中止に。
異例の事態が続いた競輪界。

 

無観客という、物悲しさはあったものの「無事に開催されたこと」を嬉しく思いながら、わたしは現地取材をしてきました!

 

 

 

 

マスクとフェイスシールドを着用して、決勝前の検車場へ。

 

 

 

まず、わたしの目に飛び込んできたのはグランプリ王者

自転車の状態を確認する佐藤慎太郎選手

 

 

検車場の印象は、非常に人が少なく、レース前後の選手がいるくらい。

 

 

松浦悠士選手がローラーに乗ってウォーミングアップ。

ローラーの間には、飛沫感染を防ぐビニールシートが貼られていました。

 

 

 

平原康多選手はマスクを着けたままウォーミングアップ。

この日、和歌山の最高気温は27℃!
レース直前まで、感染予防を徹底する姿は尊敬に値します。

 

 

 

選手たちに「密閉・密集・密接」の3密を避けさせ、感染拡大予防を徹底する開催を行うのが、どれだけ大変か…

運営されている施行者の皆様はじめ、スタッフの皆様には本当に頭が下がります。

 

 

 

次ページでは、決勝レースのダイジェストを掲載!!

 

この記事が気に入ったら
いいね! してね。

その他のENJOY!競輪レース

おすすめの記事