10月4日(日)、久留米競輪場で『競輪ルーキーシリーズ2020プラス』が行われた。このレースは、今年5月・6月に行われた新人選手(117期)による『競輪ルーキーシリーズ』の決勝進出者を中心とする選手が出場。優勝したのは、けいりんマルシェでも注目した松岡辰泰選手(熊本・A級2班)。ラインの重要さについてコメントを残した。

『競輪ルーキーシリーズ2020プラス』優勝は松岡辰泰選手!

2020.10.05

10月4日(日)、久留米競輪場で『競輪ルーキーシリーズ2020 プラス』が行われた。

 

このレースは、今年5月・6月に行われた新人選手(117期)による『競輪ルーキーシリーズ』の決勝進出者を中心とする選手が出場。

 

優勝したのは、けいりんマルシェでも注目した松岡辰泰選手(熊本・A級2班)。

 

2着は阿部将大選手(大分・A級2班)、3着は鈴木陸来選手(静岡・A級3班)だった。

 

白の1番車が松岡辰泰選手

 

 

松岡選手は、九州地区の2選手と連携。

1番手・青柳靖起選手(佐賀・A級3班)、2番手・松岡選手、3番手・阿部将大選手の並びで臨んだレースを、このように振り返った。

 

左:阿部将大選手 中央:松岡辰泰選手 右:青柳靖起選手

 

町田(太我選手)の勢いがすごかったから、青柳(靖起選手)は(町田選手を)出させるかなと思ったけど、ガチで踏んでいってくれました。

最後、差されるなら阿部(将大選手)君かなって思ったけど、振り切れたので良かったです。

 

 

Twitterでは「ライン」について、こんな言葉も残していた。

 

 

今後は「(A級1・2班戦で)9連勝を目指していきたい」と、S級2班への特別昇級が目標。
※A級1・2班の選手が、3開催連続で完全優勝(9連勝)、またはレインボーカップA級ファイナル戦で3着以内の場合、直ちにS級2班へ昇級できる制度

 

松岡選手の活躍に、期待していきたい。

 

 

けいりんマルシェで注目したもう1名の町田太我選手は、7着で敗戦。

レース終わりには、自身のTwitterで悔しさを露わに。

 

 

次節以降に期待だ。

 

 

 

同期対決の第2戦は、10月27日(火)、京王閣競輪場の第3レース
※GⅢ京王閣記念『京王閣記念ゴールドカップレース』最終日

 

 

けいりんマルシェでも、改めて注目していく。

 

 

 

『競輪ルーキーシリーズ2020 プラス』の詳細情報はコチラをチェック👇

この記事が気に入ったら
いいね! してね。

その他のENJOY!競輪レース

おすすめの記事