福井県117期・寺崎浩平選手にインタビュー。S級1班としてビッグレースの最前線で戦いながら、自転車競技のナショナルチームに所属し日本代表として活躍する寺崎選手。昨年の全日本選手権ではスプリントで優勝。今年の目標や、舞織選手との新婚生活についてインタビューしました。

寺崎浩平選手「GⅠで決勝に乗れるように」

2022.01.09

1月4日(火)~7日(金) 立川競輪場で開催された今年最初のグレードレースGⅢ「鳳凰賞典レース」。

 

この開催にゲストとして来場した寺崎浩平選手に「新婚生活」や「今年の目標」などをインタビューしました!

 

 

 

✅新婚生活

昨年結婚(舞織選手)して毎日すごく楽しいですし、美味しいゴハンも作ってもらえるので身体の調子もいいです。

僕より奥さんの方が自転車捌きは上手いので、「なんでココ、内に入れないの?」とかダメ出しされることもあります笑

レースのことで意見をもらっています笑

 

 

✅今年の競輪での目標

昨年は「主導権をとる」ということを心がけて走ってきました。

今年は「主導権をとりつつラインで決められる」ように。

そして自分もしっかり残って、勝ち上がれるような競走をしていきたいです。

 

近畿の自力屋として、だいぶ競走の幅も広がってきていると思います。

まだGⅠで決勝に乗れていませんし、昨年は準決勝も遠かったので、まずはGⅠで決勝に乗れるよう頑張りたいです。

 

 

 

✅自転車競技での目標

昨年の世界選手権で「世界との差」を感じたので、今年はしっかりその差を埋めていけるように練習をしていきます!

 

まずはハロン(200M)のタイムを上げたいです。

具体的には日本新記録を狙っていきたいです。

世界と戦っていくにはまだ脚力不足だと思うので、どこまでハロンのタイムをのばせるかが今年の目標です。
※現在の日本記録は昨年の東京オリンピックで脇本雄太選手が出した9秒518

 

 

✅意気込み

今年は競輪に出場する機会が昨年より少なくなりそうですが、まずヤンググランプリに出場することを目標に頑張ります!

 

自転車競技では1戦1戦結果を残せれば、ナショナルチーム内での代表の座というのも見えてきます。

全日本トラックはスプリントで優勝しましたが、自分的にはケイリンの方が得意だと思っていますし、ケイリンでオリンピックに出たいです。

まずは世界選手権の枠をとるための結果をしっかり出したいです。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね! してね。

その他のENJOY!競輪レース

    おすすめの記事