競輪の楽しさが見つかるけいりんマルシェ。楽しい情報、新しい発見は、毎日をわくわくさせる。競輪であなたをちょっぴりHAPPYにしたい・・・そんな『けいりんマルシェ』です。

117期の寺崎浩平選手に注目せよ!

2020.03.21

昨年12月、日本競輪選手養成所から史上初の早期卒業生が誕生。

今年1月に2人の選手が117期としてデビューした。

※日本競輪選手養成所は5月に入所、翌年3月に卒業し、同年のその後に競輪選手としてデビューするのが通常。

 

その117期 寺崎浩平(てらさき・こうへい)選手が、早くもS級昇級の目前だ。

 

現在、デビューから無敗の15連勝中

3月23日(月)〜25日(水)に行われる名古屋開催で「完全優勝」を果たすと、寺崎選手は「特別昇級」し、S級2班となる。

 

【特別昇班(昇級)制度】

競輪選手のクラス分けは、A級3班→A級2班→A級1班→S級2班→S級1班→S級S班と、6段階。

競輪選手はデビュー時、A級3班に在籍。3開催連続で「完全優勝」(通常1開催3レースなので、9連勝)すると、ただちにA級2班に昇班できる。

またA級1班・2班の選手が3開催連続で「完全優勝」(9連勝)すると、ただちにS級2班に昇級できる制度。

 

 

これまで、デビューから無敗でS級入りを果たしたのは、「平成の怪物」と呼ばれた深谷知広選手のみ。

 

今回はS級昇級目前の寺崎選手に、現在の心境とデビューからこれまでを振り返ってもらった。

 

 

「ライン戦」を学んだ実戦

 

―――デビューから15連勝中です

いや〜 あっという間でした。

デビューしてから、たくさんの取材をしてもらって、思っていたよりも注目度が高いことを実感しました。
それがプレッシャーになることもありました。

とにかく、緊張しっぱなしでした…。

 

―――レースで学んだこと

やっぱり、「ラインで戦う」ということです。

養成所(日本競輪選手養成所)での競走訓練はすべて単騎。
ラインを組んで走る練習は、ほとんどありません。
僕は普段の練習を自転車競技メインにしていることもあり、なおさらです。

なので、「ライン戦」のセオリーや仕掛けるタイミングなど、まだ慣れないところもたくさんあります。

一応、今はまだなんとかなっていますが(笑)、先輩選手からアドバイスをもらいながら実戦で学んでいます。

 

―――9連勝してA級2班となりました

チャレンジ戦を終えて、9車立てのレースになりました。
※A級3班の選手は、7車立てのレース

レースも選手もレベルが上がって余裕も無くなりました。
ですが、経験のある選手とラインを組めるので、落ち着いて走れていると思います。

最近になってだいぶ、緊張やプレッシャーを感じず走れるようになってきました。

今はもう、勝つことが当たり前です。
もっと内容にこだわって「自分の走り」ができるようにならないとなって思っています。

 

自信みなぎる頼もしいホープ

 

―――現在の心境

(注目されていたので)デビュー戦からずっと負けられない状況でした(笑)

昇級がかかろうと、何があろうとも、ずっと同じ気持ちで走れています

レース中に予想外のことが起きることもありますが、負ける気はまったくしていません

ナショナルチーム(自転車競技の日本代表チーム)に所属して、良い環境で練習させてもらっていることも、自信に繋がっていると思います。

 

―――昇級がかかる名古屋開催への意気込み

完全優勝してS級に上がれるよう、しっかり走るだけです。

S級になると、記念(GⅢレース)に出られるようになります。
地元福井の記念に出て活躍することが、今の目標です。

 

―――読者・ファンへ一言

ファンの方々からかけていただく「頑張ってよ!」っていう温かい声が、とても嬉しいですし、それが力になっています。

レース前にオッズを見て、いつもすごく期待してもらっていることを感じています。

これからも、ファンの皆さんの期待に応えられるように、結果を出し続けていければと思っています。

これからも応援よろしくお願いします!

 

 

 

寺崎選手のS級への「特別昇級」がかかったレースは、3月23日(月)〜25日(水)、名古屋競輪場で行われます。

※現在、コロナウイルス感染症対策のため、当面の間、無観客で開催しています。詳しくはコチラ

 

“令和初の怪物誕生”となるか!?

注目です!

 

この記事が気に入ったら
いいね! してね。

その他のENJOY!競輪レース

おすすめの記事