5月3日(火・祝)〜8日(日) はGⅠ「第76回日本選手権競輪」!今回はスポーツ新聞の競輪担当記者3人に聞きました! 今年のダービーで優勝する選手は誰だと思いますか? 他にも注目したい選手は?決勝進出し上位入着すれば、獲得賞金額を大きく上乗せすることができる開催の注目選手を聞きました!

競輪記者3人のダービーで優勝すると思う選手は!?

2022.04.26

まもなくゴールデンウィーク!!

競輪界も5月3日(火・祝)〜8日(日) は“ゴールデン”な開催!

GⅠ「第76回日本選手権競輪」!

 

 

福島県のいわき平競輪場で、6日間“熱いバトル”が繰り広げられます。

通称「ダービー」と呼ばれるこの開催は、年間6つあるGⅠの中で最も賞金額が高いんです!

 

優勝賞金は7,837万円!!

決勝2着は3,575万円、3着で2,438万円、6着でも1,000万円以上と非常に高額です。
※全て副賞込み

 

そして、優勝すれば「KEIRINグランプリ2022」の出場権を獲得。

決勝進出し上位入着すれば、獲得賞金額を大きく上乗せすることができます。

 

昨年の「ダービー」の結果はこちら

 

 

今回はスポーツ新聞の競輪担当記者3人に聞きました!

 

今年のダービーで優勝する選手は誰だと思いますか?

他にも注目したい選手は?

 

 

◆ スポニチ:渡邉雄人記者

 

26歳の若手記者は、地元・小松崎大地選手の優勝と決勝レースの展開まで想像!

 

 

輪界一、凡走がない。

仕掛けどころで必ず仕掛ける小松崎。

39歳になっても、スタイルは若々しい。

先行、捲り。

北日本への貢献度も相当なものだ。

 

今回は地元のビッグ。

さらにGⅠの中のGⅠ・ダービーとあって気合はパンパンだろう。

 

決勝まで勝ち上がれば、新田祐大、佐藤慎太郎と地元トリオで結束も!?

新田のスピードについていき、長い直線でかわせば念願のタイトルが待っている。

男になってほしい!!!!!

 

 

小松崎大地選手

福島・99期

 

 

★注目選手

 

直線の長いいわき平では追い込み勢も見逃せない。

同じく地元の渡部幸訓や、決め脚鋭い和田圭坂口晃輔も注目したい。

 

 

写真左から

・渡部幸訓選手(福島・89期)

・和田圭選手(宮城・92期)

・坂口晃輔選手(三重・95期)

 

    この記事が気に入ったら
    いいね! してね。

    その他のENJOY!競輪レース

      おすすめの記事