デイリースポーツの競輪連載コラム「KEIRIN屋」。今回はガールズグランプリ2020を控えた児玉碧衣選手を特集。前人未到の3連覇達成なるか!?今年のふりかえりやグランプリ3連覇を目指すモチベーションなど、今の想いに松本直記者が迫りました。

デイリースポーツ「KEIRIN屋」児玉碧衣特集

2020.12.15

※この記事は、2020年12月11日付けのデイリースポーツ「KEIRIN屋」に掲載されたものです

 

 

 

デイリースポーツ「KEIRIN屋」
「ガールズグランプリ」前人未到の3連覇へ!児玉碧衣特集

 

今回のKEIRIN屋は年末の「オッズパーク杯 ガールズグランプリ2020」(28日・平塚)で前人未到の3連覇を狙う児玉碧衣(25)=福岡・108期・L1=を直撃。

人気と実力を兼ね備えた「ツヨカワ女王」に大一番への意気込みをたっぷりと聞いた。

(取材、構成=松本 直)

 

 

ーー今年1年を振り返って。
63走して1着59回、2着2回、3着1回。着外はわずか1回(7日現在)
すごい成績だった。

 

自分で自分をほめてあげたいですね(笑)

1月岐阜のコレクショントライアル決勝で7着になってしまい、コレクションの連続出場記録が止まってしまったけど、3月福井のコレクションで優勝。

11月小倉のグランプリトライアルでも優勝することができた。

負けてしまったレースでも、8月名古屋のコレクションは内容のいいレースができた。

トータルすると充実した1年でした。

 

 

 

ーー4、5月はコロナ禍で開催中止もあったが影響は。

 

マスクをすることになかなか慣れなかったことですね。
あとは特にありません。

自分は開催中止の影響もあまりなかった。
練習も普段通りできた。

プライベートはもともとインドア派なので全く影響なかった。

 

 

ーーガールズグランプリは年末の大一番。
16年立川から5年連続出場中。3連覇が懸かっている。

 

ガールズグランプリは一番お金がもらえるレース。
私のモチベーションは賞金ですから。
一番気合が入るレースですよ。

初出場の立川や17年の平塚はあまり印象が残っていない。

初優勝の静岡(18年)は『自分が一番強いんだ』って思って走りました。

その年の8月にようやくコレクションを優勝することができて、グランプリも優勝することができて最高にうれしかった。

昨年の立川は6番手からの苦しい展開。
前にいたサトミナ(佐藤水菜)が内をあけたから『1車でも前に』って感じですくっていった。
そこからは自信のあるダッシュ勝負だった。

4車並走の1番外をまくり切れたし良かった。
ただ、自分が審議の対象になっていたので、決定が出たときはホッとしました。

 

 

ーー前人未到の3連覇が懸かるガールズグランプリ。
レースのイメージは。

 

平塚は普通開催で優勝しているし、イメージはいい。
ただ、高速バンクなので後方にいると厳しいと思う。

徹底先行タイプがいないので、スローな展開から残り半周のスプリント勝負みたいになるのかな。

ただ、あまり展開を考えないようにしたい。
考え過ぎると、想定外の展開になったときに反応できないと思うので。

レースの流れに乗ってうまく対応していきたい。
自分のレースをすることを大事にしたい。

力を出し切ることだけ考えて走ります。

 

 

ーー最後に応援してくれるファンへ意気込みを。

 

2年連続でガールズグランプリを優勝して『女王』って呼ばれてきた。
今年勝てないともう女王って呼んでもらえない。

それはすごく寂しいので、今年も優勝して女王になりたい。

車券を買って応援してくれるファンのために頑張ります。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね! してね。

その他のスペシャル

おすすめの記事