11月5日(木)〜8日(日)、四日市競輪場で開設69周年記念『泗水杯争奪戦GⅢナイター』が行われた。優勝したのは佐藤慎太郎選手。5年半ぶりのGⅢ優勝。獲得賞金ランキングが5位に浮上し、2年連続の 『KEIRINグランプリ』出場を手繰り寄せた佐藤選手。グランプリ前のラストバトルは、11月18日(水)から23日(月・祝)、小倉競輪場で開催です!!

四日市記念『泗水杯争奪戦GⅢナイター』 優勝は佐藤慎太郎選手!

2020.11.09

11月5日(木)〜8日(日)、四日市競輪場で開設69周年記念『泗水杯争奪戦GⅢナイター』が行われた。

 

グランプリ出場権をかけて、誰が賞金を上積みするのか注目が集まったこの開催。

 

優勝したのは、佐藤慎太郎選手!!

 

2015年5月の宇都宮記念以来、5年半ぶりのGⅢ優勝。

2019年のグランプリチャンピオンの意地を見せ、今年最後のGⅠ『競輪祭』前最後のGⅢレースを制覇した。

 

 

佐藤選手は獲得賞金ランキングで一つ順位をあげ、5位に浮上。
※2020年11月9日現在

今年のグランプリ出場権獲得を手繰り寄せた。

 

※1位〜3位の3選手は、今年のGⅠを優勝しすでにグランプリ出場が内定。
残る6名は、『競輪祭』の優勝者獲得賞金ランキングが9位までの選手となる。

 

 

佐藤選手は優勝を喜び、2年連続のグランプリ出場に向けた意気込みをコメント。

 

賞金を上積みできてよかったけど、やっぱり記念優勝はお客さんも応援してくれていたし、期待に応えられて本当に嬉しいです。

グランプリもあるし、次の競輪祭もある。
グランプリはまだ決まっていないけど、一戦一戦、全力で頑張ります。

 

 

Twitterにはこのような投稿が。

 

 

準決勝の7日(土)、44歳の誕生日を迎えた佐藤選手。

ファンからは、優勝と誕生日を祝うたくさんのコメントと共に、グランプリ出場・連覇を期待する声が寄せられていた。

 

 

 

『KEIRINグランプリ2020』出場権をかけたラストバトル、GⅠ『第62回朝日新聞社杯競輪祭』は、いよいよ11月18日(水)から小倉競輪場で開催

 

最終日の23日(月・祝)には、『KEIRINグランプリ2020』出場選手が決定。

今年の競輪界最強決定戦には、どんなメンバーが集うのか。

 

けいりんマルシェは引き続き注目していく。

 

この記事が気に入ったら
いいね! してね。

その他のENJOY!競輪レース

おすすめの記事