いよいよ「KEIRINグランプリ2020」! 2年連続出場を決めた、松浦悠士選手に独占インタビュー!GⅠレース「オールスター競輪」で優勝し、獲得賞金ランキングも1位でグランプリへ。今年を振り返ってもらいながら、清水裕友選手との“ゴールデンコンビ”への想い、大一番を控えた心境を語ってもらった。

独占!【グランプリ直前インタビュー】松浦悠士選手

2020.12.24

いよいよ「KEIRINグランプリ2020」!

賞金1億円をかけたGⅠ優勝者・獲得賞金上位の選ばれし9選手による一発勝負。

 

GⅠ「オールスター競輪」で優勝し、獲得賞金ランキングも1位で2年連続グランプリに出場する松浦悠士選手
※「KEIRINグランプリ2019」は7着

 

今年は5回行われたGⅠのうち4度の決勝進出。
※優勝した「オールスター競輪」を含む

更にはGⅡ「ウィナーズカップ」優勝や、GⅢでも3度優勝など大活躍。

いつも笑顔を絶やさない優しい人柄でもファンの心を掴む、競輪界のニュースターだ。

 

けいりんマルシェはKEIRINグランプリ2020 共同記者会見の前に単独インタビューを実施。

今年を振り返ってもらいながら、清水裕友選手との“ゴールデンコンビ”への想い、大一番を控えた心境を語ってもらった。

 

 

―――2020年を振り返って

今年は初めてS級S班として戦い、心境の変化がかなりありました。

常に“見られている”と意識するようになり、レースでは今まで以上に、内容も結果も良いものにしないといけないと思っています。

でも、どんな時も不安になることはあまりないです。
不安になってもしょうがないですし笑

改善点があれば都度直すようにして、その時に応じた戦法を考えながらやってきました。

 

 

 

―――脇本雄太選手

 

 

脇本さんの強さを実感した1年でした。

自分がすごく調子が良くて、脇本さんの調子がイマイチだったら「なんとかなるかもしれない」。

脇本さんが調子を合わせてきた時は、「もう手に負えないな」と感じました。

でも、挑まなくてはならない選手。
脚力以外の部分で消耗させるしかない。

そんな時に“ラインの力”が、すごく大事なってくると思います。

 

 

――― ゴールデンコンビ

 

左:松浦悠士選手 右:清水裕友選手

 

清水裕友選手とは)何度もレースで連携して、練習も一緒にして、信頼がより厚くなっています。

裕友はレースで、迷いがないですよね。

行くべきところでしっかり行けるし、前が駆け出したところで自分も無理にでも行ける強みもあります。

加速のスピードがスゴいです。

 

僕たちは連携する時わりとすんなり並びは決まるんですけど、グランプリの並びだけは悩みました。
※インタビュー後、松浦選手―清水選手と記者会見で発表

スタートからこだわって、作戦を練っていきます。

 

 

 

―――2度目のグランプリ

昨年が初めての舞台でした。

通常開催との雰囲気の違いに「ああ、グランプリなんだな」と実感しました。

ワクワクする気持ちもありましたが…
“初めて尽くし”だったので、「どうすれば良いんだろう」と若干のストレスがあったんだと思います。

そういう意味で、今年は落ち着いた気持ちで入れるので、大きなメリットだと思います。

 

 

―――グランプリへの意気込み

今年1年間は(ラインの)先行でも番手でも自分がやりたいレースをすることが結構できました。

グランプリでも、そういう「しっかりしたレースをしたい」と思っています。

ファンの方々にはいつも本当に温かく応援してもらっているし、その想いに応えたいです。

勝っても負けても、「よかった」と思えるレースがしたいです。

優勝目指して頑張ります!!

 

 

 

 

穏やかだけど、心のなかはアツく!

グランプリを獲って、競輪界の王者へ!!

 

松浦選手の活躍に、注目です!

 

 

KEIRINグランプリ2020」は
12月30日(水) 平塚競輪場で16:30 発走!!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね! してね。

その他のENJOY!競輪レース

おすすめの記事