8月16日(日) オールスター競輪 最終日。レースを制したのは、松浦悠士選手。脇本雄太選手との競り合いに見事勝利し、優勝と『KEIRINグランプリ2020』出場権を獲得した。「ラインの力」での勝利と話した優勝コメント、レース後の松浦選手・脇本選手のやりとりなど、『オールスター競輪』最終日を振り返りました。

灼熱のオールスター競輪!優勝したのは松浦悠士選手!!

2020.08.17

8月16日(日) オールスター競輪 最終日。

 

この日の名古屋の気温は39℃超え…(汗)

バンクにいたっては、なんと!47℃超え!!!!(汗)(汗)

 

そんな炎天下の中、決勝レースが行われました。

 

 

レースは最後まで「脇本か!?」「松浦か!?」という“手に汗握る”展開でした。

 

 

オレンジの7番車 脇本雄太選手が、赤の3番車 松浦悠士選手より若干前に出てバックストレッチラインを通過。

 

 

 

最後は松浦選手が、脇本選手を振り切って1着でゴール!!!

見てください、この僅差…

 

 

 

そして、このガッツポーズ!

カッコ良すぎです。

 

 

 

結果は、1着 松浦悠士選手、2着 脇本雄太選手、3着 古性優作選手でした

 

 

 

レース後の記者会見で

 

 

高松宮記念杯では悔しい思いをしたので、優勝できて嬉しいです。

そして、3位に選出してくれたファンの期待に応えられて良かったです。

 

今日は同期で同級生の(原田)研太朗の頑張りがあって、強い脇本さんにラインの力”で勝つことができました。

“個人の力”でも脇本さんに勝てるように精一杯努力します。

 

これでグランプリ出場も決まったので、優勝したいです。

 

この記事が気に入ったら
いいね! してね。

その他のENJOY!競輪レース

おすすめの記事