2021年2月20日(土)〜23日(火・祝)は川崎競輪場でGⅠ「第36回読売新聞社杯全日本選抜競輪」!新しいS級S班から7選手が出場。その中でも”南関東ライン”和田健太郎選手・郡司浩平選手、”中国のゴールデンコンビ”松浦悠士選手・清水裕友選手に注目。今年最初に「KEIRINグランプリ2021」の出場権を獲得するのは誰なのか!?

GⅠ「全日本選抜競輪」はS級S班に注目!

2021.02.10

『KEIRINグランプリ2021』へ向けた戦いが、いよいよスタート!

 

今年最初のGⅠは、2月20日(土)〜23日(火・祝)に川崎競輪場で行われる
第36回読売新聞社杯全日本選抜競輪

 

この開催の注目は、S級S班の7選手。
※東京オリンピックを控える脇本雄太選手・新田祐大選手は不在。

激闘も記憶に新しい「KEIRINグランプリ2020」。

2021年の“NEW神9”が、再び相まみえる。

 

 

今回は地区ごとに紹介。

 

◆ 北日本地区

 

佐藤慎太郎選手

78期/ 福島県所属

 

守澤太志選手

96期/ 秋田県所属

 

 

◆ 関東地区

 

平原康多選手

87期/ 埼玉県所属

 

 

◆ 南関東地区

 

KEIRINグランプリ2020チャンピオン

和田健太郎選手

87期/ 千葉県所属

 

郡司浩平選手

99期/ 神奈川県所属

 

 

◆ 中国地区

 

松浦悠士選手

98期/ 広島県所属

 

昨年の覇者

清水裕友選手

105期/ 山口県所属

 

 

 

なかでも注目は、この2地区。

 

GPの感動を再び“南関ライン”

 

和田健太郎 & 郡司浩平

 

昨年のこの「全日本選抜競輪」決勝でも連携。

郡司選手が5着、和田選手が6着という結果だった。

 

その後も連携を重ね、11月の「競輪祭」では郡司選手がGⅠ初優勝。

KEIRINグランプリ2020」では和田選手が優勝と、この“南関ライン”は絶好調。

 

グランプリのゴール後、郡司選手が和田選手の手を上げて祝った感動シーンは記憶に新しい。

 

※青の4番車:和田選手の手を白の1番車:郡司選手が上げた。

 

今年初のGⅠは地元開催。

郡司選手のホームバンク 川崎競輪場でのGⅠは実に56年ぶりとなる。

 

いま乗りに乗っている“南関ライン”のワンツーに期待したい。

 

 

ゴールデンコンビが今年も席巻!?

 

清水裕友 & 松浦悠士

 

 

昨年、松浦選手と清水選手のコンビは、とくに前半戦は絶好調。

GⅠ・GⅡ決勝で両選手が連携したレースは、全てどちらかが制した。

 

2月:GⅠ「全日本選抜競輪
優勝:清水選手

3月:GⅡ「ウィナーズカップ
優勝:松浦選手

7月:GⅡ「サマーナイトフェスティバル
優勝:清水選手

 

これで付いたアダ名が“中国地区のゴールデンコンビ”。

競輪界を席巻した。

 

今年もすでに松浦選手は2つのGⅢで優勝。

清水選手も出場した2つのGⅢで決勝まで進出している。

 

今年初のGⅠは清水選手の連覇か!?

松浦選手の初優勝となるか!?

 

ゴールデンコンビの活躍に期待したい。

 

 

 

このレースを制し、1番最初に「KEIRINグランプリ2021」の出場権を勝ち取るのは、どの選手なのか!?

 

GⅠ「第36回読売新聞社杯全日本選抜競輪」は、2月20日(土)〜23日(火・祝) 川崎競輪場で開催です!!

 

 

 

 

✅コチラの記事も合わせてチェック

スポーツ新聞4紙の記者が全日本選抜競輪の期待選手を発表!

私が「KEIRINグランプリ2021」に1番乗りすると思う選手

 

 

この記事が気に入ったら
いいね! してね。

その他のENJOY!競輪レース

おすすめの記事