『ガールズグランプリ2019トライアルレース』結果リポート

2019.11.22

#レース #リポート #ガールズ

GⅠレース『第61回朝日新聞社杯 競輪祭』開催中の11月19日(火)〜21日(木)、小倉競輪場で『ガールズグランプリ2019トライアルレース』が行われた。

このレースは、28名のガールズケイリン選手が「アメジスト」「トパーズ」の2つのグループに分かれ、トーナメントを実施。

 

「アメジスト」は梅川風子選手、「トパーズ」は小林優香選手が優勝。
年末の女王決定戦『オッズパーク杯ガールズグランプリ2019』の出場権を手にした

 

 

 

 

昨年に続き同レースを連覇し、2年連続でガールズグランプリへの出場権を手にした梅川選手。

 

「本当にいっぱいいっぱいで、余裕を持って走れなかったです。グランプリがいちばん大きな目標になるんですが、そこまでの道のりが大事だと思っています。これから1ヶ月、しっかりトレーニングをして、自分の力を発揮したいです」とコメント。

 

 

 

 

自転車競技で東京オリンピックでのメダル獲得を目指し、ナショナルチームに所属する小林選手。
ガールズグランプリは、2015年以来、4年振りの出場となる。

 

「(グランプリ出場権を)獲るためにここに来たので、ホッとしています。(同じナショナルチームの)グランプリを決めたワッキーさん(脇本雄太選手)や新田さん(新田祐大選手)をみて、自分も負けないようにと思ってきました。力で決められたのはうれしいです」と語った。

 

 

 

このレースを終え、12月28日に立川競輪場で行われる『オッズパーク杯ガールズグランプリ2019』の出場予定選手が、この7名に決定。

 

 

梅川風子選手

期別・府県:112期・東京都
トライアルレース「アメジスト」優勝 / 選考用賞金獲得額 第4位
ガールズグランプリ出場2回目(2019年〜2年連続)

 

 

 

 

小林優香選手

期別・府県:106期・福岡県
トライアルレース「トパーズ」優勝
ガールズグランプリ出場3 回目(2014年・2015年以来、4年ぶり)

 

 

 

 

児玉碧衣選手

期別・府県:108期・福岡県
選考用賞金獲得額 第1位
ガールズグランプリ出場4回目(2016年〜4年連続)

 

 

 

 

石井寛子選手

期別・府県 : 104期・東京都
選考用賞金獲得額 第2位
ガールズグランプリ出場7回目(2013年〜7年連続)

 

 

 

 

石井貴子選手

期別・府県 : 106期・千葉県
選考用賞金獲得額 第3位
ガールズグランプリ出場3回目(2015年、2018年〜2年連続)

 

 

 

 

【初出場】佐藤水菜選手

期別・府県 : 114期・神奈川県
選考用賞金獲得額 第5位

 

 

 

 

奥井迪選手

期別・府県 : 106期・東京都
選考用賞金獲得額 第6位
ガールズグランプリ出場4回目(2015年〜2017年)

 

 

 

 

 

2019年の女王決定戦を、けいりんマルシェでは注目していく。

 

Prsenr Get! Point Get!

コンテンツを楽しむだけでポイントが貯まる けいマルクラブ

コラムを読んだり、クイズに答えるだけで「けいマルポイント」が貯まります。
貯まったポイント数に応じて賞品に応募可能!

まずは会員登録で
1000ptをゲット!

けいマルクラブの楽しみ方

この記事が気に入ったら
いいね! しよう。

Prev
ナイターGⅠ「競輪祭」の期間中は、1日中競輪を楽しもう!
ナイターGⅠ「競輪祭」の期間中は、1日中競輪を楽しもう!
Next
GⅠレース『競輪祭』結果リポート
GⅠレース『競輪祭』結果リポート